日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

謙信 純米吟醸 無濾過生原酒 (池田屋酒造株式会社/新潟県糸魚川市)

> > > 謙信 純米吟醸 無濾過生原酒 (池田屋酒造株式会社/新潟県糸魚川市)
このエントリーをはてなブックマークに追加

「敵に塩を贈る」言葉の越後の名将から命名

「謙信」を醸す池田屋酒造は、新潟県の最西端・糸魚川市にあります。糸魚川市は、2016年12月に家屋など建築物約150棟が被害にあった大火が記憶に新しいところですが、池田屋酒造は幸いにも被害をまぬがれました。

文化9年(1812年)に創業した池田屋酒造。銘柄名「謙信」の由来は、越後の名将・上杉謙信が川中島の合戦の折、武田方に塩を贈る際に通ったと言われる「塩の道」(千国街道)のそばに酒蔵があることから命名されたそうです。生産石高は900石弱で、その半分は地元消費という地域に根差した酒蔵です。

蔵のある糸魚川のお隣は、酒造好適米「五百万石」の一大産地、富山県。そんな土地柄のせいか、池田屋酒造のお酒は、新潟の主流である淡麗辛口というより、富山県のお酒に似た、きれいながらも米の旨みやふくらみも併せ持つ味わい、という印象を持ちます。そして、近年の「謙信」も淡麗辛口とは一線を画した味わいで、人気が上昇してきています。

蔵元6代目の新しい「謙信」が人気上昇中

若き蔵元6代目の池原達弘さんを中心に、味わいは芳醇かつ綺麗な甘みがあるお酒を目指しているそうです。平成21年(2009年)から原料処理など仕込み内容を見直し、蔵のベテラン杜氏とともに自らの理想の酒造りを始め、同26年に杜氏の引退により、製造責任者として酒造りに取り組んでいます。蔵人は地元農家の方が中心で、酒造りのない時期は、自社で使う「五百万石」や「越淡麗」を栽培しています。

この純米吟醸酒は地元産の五百万石を50%まで精米。新酒を直汲みした無濾過生原酒です。香りはマスカットに似た果実香で、口に含むと、ほどよいフレッシュ感に綺麗な酸とジューシーな旨みの中に、優しい米の甘味も感じられ、バランスが良い味わいです。ボディはシャープさとふくらみのバランスが良く、透明感や爽快感もあり、切れ味も上々。凛とした味わいです。生原酒ですが、バランスも良く、食中酒としても上々です。カニのしゃぶしゃぶ、刺身などに合いそうです。また、鶏つみれ鍋など、冬の鍋のお供にも良さそうです。生酒ですが、ぬる燗にしても美味しいですよ。

<関連商品>

関連カテゴリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは日本酒を中心とした日本文化のメディアサイトです。専門的な知識から、クスっと笑えるエンタメまで幅広く面白い情報を毎日お届けします!