日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

「生一本(きいっぽん)」とは? ― 日本酒用語解説

> > > 「生一本(きいっぽん)」とは? ― 日本酒用語解説
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本酒には「生一本(きいっぽん)」と呼ばれるものがあります。この生一本、どのようなことをさしているのかご存じですか?

今回は、その生一本についてご説明いたします。

1. 生一本とは?

sake_kiippon2

(出典:Amazon

生一本とは、単一の酒蔵で造られた日本酒という意味を指しています。

また、国税庁には「ひとつの製造場だけで醸造した純米酒をいいます」とあり、単一の酒蔵で造られたことと純米酒であることが生一本と名乗る条件だそうです。

 

2. 生一本という言葉ができた理由とは?

江戸時代初期、良いお酒として伊丹酒や灘酒が知られていました。これらのお酒に対して出てくる偽物の酒の横行を防ぐために「生一本」という表記が生まれました。灘の生一本などの刻印が押されたお酒は「他地域のお酒ではない」という意味を持っていたのです。

また、この「生一本」という刻印は、日本で初めての原産地証明書と言われています。

<関連商品>

関連記事

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは、国内最大の日本酒専門ウェブメディアです。専門用語の解説や商品レビュー、酒蔵案内、イベント情報など、さまざまな日本酒情報を日々お届けしています。