日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

【人気蔵元によるプレミアイベント】大注目の若手蔵元がすべてを語る! 「黄葉見SAKE2015」最終日11/28(土)の日本酒トークイベントに行かなきゃ損!

> > > 【人気蔵元によるプレミアイベント】大注目の若手蔵元がすべてを語る! 「黄葉見SAKE2015」最終日11/28(土)の日本酒トークイベントに行かなきゃ損!
このエントリーをはてなブックマークに追加

11/24(火)〜28(土)の5日間、ライトアップしたイチョウ並木の下で「和食」と「日本酒」を楽しむことができる『黄葉見SAKE2015』

“黄金色”にライトアップされた幻想的なイチョウ並木を楽しめたり、
全47都道府県の250種類以上の日本酒を飲み比べられたり、
日本各地から選りすぐった物産品やグルメを堪能できる物販・飲食ブースがあったり、
とにかく盛りだくさんな『黄葉見SAKE2015』ですが、最終日の11/28(土)には、日本酒ファン垂涎の超豪華なトークイベントがあるのをご存知でしたか!?

日本中が注目する若手蔵元の公開インタビュー!

koyomi

【若手蔵元×女性「酒」ジャーナリスト日本酒“偏愛”トーク】と題し、ゲスト・インタビュアーが異なるの2回のトークイベント開催。各回とも日本酒ファンなら見逃せない内容となっています!

<第一回> 12:30〜13:45 「いまどきの『蔵元』というお仕事」

koyomi2
ゲスト蔵元は「紀土(きっど)」で有名な若手蔵元の代表格・平和酒造株式会社(和歌山県海南市) 代表取締役専務 山本典正さん(※写真左上)と、「白隠正宗(はくいんまさむね)」を製造する注目株・高嶋酒造株式会社(静岡県沼津市) 代表取締役/杜氏兼任 髙嶋 一孝さん(※写真右上)のお二人。「いまどきの『蔵元』というお仕事」をテーマに、新時代の酒造りについて熱く語りつくします。

インタビュアーは日本酒ジャーナリストの第一人者であり、日本酒ノンフィクション作家でもある山同敦子さん(※写真中央下)。『愛と情熱の日本酒』『極上の酒を生む土と人、大地を醸す』 などの著書で知られる彼女が、どんな切り口で両ゲストの話を引き出すのか注目です。


<第二回>14:15~15:30 「秋田から『農』と言える日本酒を」

koyomi3

日本中に旋風を起こした秋田の若手蔵元ユニット「NEXT FIVE」の一員であり、コメ作りからの酒造りに取り組むお二人がゲスト。「白瀑(しらたき)」「山本(やまもと)」などの銘酒を醸す山本合名会社(秋田県山本郡八峰町) 代表 山本友文さん(※写真左上)と、「一白水成(いっぱくすいせい)」の 福禄寿酒造株式会社(秋田県南秋田郡五城目町) 代表取締役社長 渡邉康衛さん(※写真右上)。

テーマは「秋田から『農』と言える日本酒を」。日本酒の原材料である米とお酒の蜜月な関係について、秋田を代表する両名がたっぷり語ります。

インタビュアーは日本酒ライターの藤田千恵子さん(※写真中央下)。
純米酒の魅力を伝える伝道者であり、発酵食品のプロフェッショナルでもある彼女が、農×酒の深淵へと迫ります。

話を聞くだけじゃない!とっておきの銘酒が試飲できる!

koyomi4

「話はおもしろそうだけど、それだけなの…?」と思った方、ご安心ください。
今回のイベントは”トークイベント”ではありますが、もちろんそれだけじゃありません。
各ゲスト蔵元の人気銘柄を試飲することができるんです!何が試飲できるかは当日のお楽しみ。もしかしたら、びっくりするようなレアなお酒が飲めちゃうかも!?今から楽しみですね!

さらにさらに、お酒だけではなくとっておきの”当て”も出るそう!有名蔵元の方がこぞって来店するという、日本酒飲み放題の焼鳥店「遊 (東京都千代田区飯田橋)」による絶品おつまみが提供されるようです。これはもう、本当に贅沢なイベントですね!

ゲストの方々からコメントをいただきました!

イベント本番に先駆けて、ゲスト出演する2名の蔵元よりメッセージをいただいております!

まずは<第一回>のゲストである平和酒造の山本典正さんです。
「今、日本酒業界は変革期に入っています。その要因は、実は造り手だけでなく飲み手のみなさんでもある、というお話をさせていただきたい。造り手にも飲み手にも若い方が増えて、日本酒に新しい価値観が生まれてきていますよね。それがとても大切なんです。だからこそ私は、様々な角度からの情報発信を重要視しています。ぜひ、みなさんと一緒に日本酒業界を盛り上げていきたいです!」

造り手だけでなく”飲み手の重要性”という視点。何やら新しい発見がありそうな予感がします!

つづいて<第二回>にご出演される福禄寿酒造の渡邉康衛さんにも話を伺いました。
「酒米の事が中心ということで、弊社行っている”秋田県五城目町酒米研究会”という組織をご紹介します。8年前に発足させたこの組織では現在10名のメンバーと共に酒米収穫を行っており、蔵で使う約70%はこの研究会の4種のお米(秋田酒こまち・美山錦・美郷錦・吟の精)となっています。日本酒というのは、その土地の風土、風景が浮かぶものだと思っております。そこから感じる文化や創造、是非、秋田に足を運んでいただき感じてください!」

”米づくり×酒づくり”のディープなお話が聞けそうですね。こちらも本当に楽しみな内容です!

前売りチケット、各回【限定100名】で発売中!

koyomi5
トークイベントは第一回、第二回ともに【限定100名】の人数限定となっています。
前売りチケット(3,000円 税込)が販売中なので、どうぞお早めにお求めください!

<第一回>前売りチケットの購入はこちら
<第二回>前売りチケットの購入はこちら

「黄葉見SAKE2015」最終日の注目イベント【若手蔵元×女性「酒」ジャーナリスト日本酒“偏愛”トーク】。現役蔵元の貴重な話が聞けて、しかも試飲までできてしまう。日本酒ファンには本当にたまらないイベントですね!これは本当に行かなきゃ損です!!

<イベント概略>

イベント名:若手蔵元×女性「酒」ジャーナリスト 日本酒“偏愛”トーク (「黄葉見SAKE2015」関連イベント)

■第一回
日時:2015年11月28日(土) 12:30~13:45(75分)  / 開場予定:12:00
会場:靖國会館
チケット代:3,000円(税込)  ※ゲスト酒蔵の銘柄試飲付き

テーマ:「いまどきの『蔵元』というお仕事」
ゲスト:「紀土(きっど)」平和酒造株式会社(和歌山県海南市) 代表取締役専務 山本典正様
「白隠正宗(はくいんまさむね)」高嶋酒造株式会社(静岡県沼津市) 代表取締役(杜氏兼任) 髙嶋一孝様
インタビュアー: 山同 敦子氏
日本酒ジャーナリストの第一人者。ワイン、焼酎、日本酒となんでもこなす。
著書に『極 上の酒を生む土と人、大地を醸す』など多数。

前売りチケットの購入はこちら

■第二回
日時:2015年11月28日(土) 14:15~15:30(75分)  / 開場予定:14:00
会場:靖國会館
チケット代:3,000円(税込)  ※ゲスト酒蔵の銘柄試飲付き

テーマ: 「秋田から『農』と言える日本酒を」
ゲスト: 「白瀑(しらたき)」「山本(やまもと)」 山本合名会社(秋田県山本郡八峰町) 代表 山本友文様
「一白水成(いっぱくすいせい)」 福禄寿酒造株式会社(秋田県南秋田郡五城目町) 代表取締役社長 渡邉康衛様
インタビュアー: 藤田千恵子氏
純米酒の魅力を伝える伝道者。発酵をテーマに、日本全国の酒、食、調味料を取材する。
著書『美酒の設計』など。

前売りチケットの購入はこちら

<「黄葉見SAKE2015」詳細情報>

オフィシャルホームページ
http://www.koyomisake.tokyo/
オフィシャルFacebook
https://www.facebook.com/koyomisake

 

sponsored by 黄葉見SAKE2015運営事務局

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES_PR

SAKETIMESのPR記事アカウントです! 日本酒や、それにまつわる酒蔵の想いや魅力を、余すところなく皆様にお届けします。伝え手として、一人でも多くの日本酒のファンが増えるよう、執筆していきます。