こんにちは、SAKETIMES編集部、最年少酒匠の山口奈緒子です。

突然ですが、日本酒のアテといえば、「珍味」ですよね!
有名なものだと塩辛や酒盗などがありますが、日本各地にはまだまだ私たちが知り得ない変わった珍味がたくさんあります。

今回は、そのなかでも思わず「そんなものまで食べられるの、、、?」といってしまいそうな、魚の「内蔵」を使った珍味を6つ紹介したいと思います。

1. どんぴこ

food_chinmi1(出典:COTOBUKI's room

東北地方で昔から食べられている伝統珍味で、シャケの心臓のことをいいます。味わいはレバーと似ているそうです。シャケ1匹に対して1つのどんぴこしかとれませんから、とても貴重ですね。

 

 2. モウカの星

food_chinmi2(出典:魚屋の独り言〜魚食普及委員会〜

こちらも東北地方の珍味で、サメの心臓のことです。ステーキや刺し身で食べます。真っ赤な色をしており、一見、血なまぐさそうに見えますが、臭みはなくコリコリとした食感です。

 

3. このわた

food_chinmi3(出典:こんぶログ

ナマコの腸の塩辛である「このわた」は、「塩ウニ(ウニ塩辛)」や「からすみ」と並んで江戸時代からの三大珍味といわれています。ちなみにこのわたという名前は「なまこのはらわた」を由来としています。(※はらわた=腸のこと)

 

4. くちこ(ばちこ)

food_chinmi4(出典:JAPAN WEB MAGAZINE

くちこはナマコの卵巣を塩漬けにして干したものです。バチのような形をしていることから「ばちこ」ともいわれます。奈良時代からの石川県能登地方の特産品として有名でした。ちなみに一枚のくちこをつくるのに必要なナマコの量は数十キロともいわれています。

 

5. フグの卵巣

food_chinmi5(出典:JAPAN WEB MAGAZINE

フグの卵巣はそのままだと猛毒ですので、ぬか漬けにされます。数年にもわたって塩漬け・ぬか漬けし、毒を抜き、無毒化させることから、フグの卵巣の糠漬けは世界的にも珍しいとされ、「奇跡の食品」といわれるほどです。

ちなみに、新潟県の佐渡地方には「フグの卵巣の粕漬け」という似た珍味もあります。
こちらも数年にもわたって塩漬け・酒粕漬けにして作ります。江戸時代のころから佐渡の各家庭で作られていたそうです。

 

6. カツオのへそ

food_chinmi6(出典:勇喜寿司

「へそ」とはいっても「おへそ」のことではなく、カツオの心臓のことをいいます。静岡県でもカツオの町といわれる焼津の珍味です。味噌煮込みや串焼きなどにして食べられます。

 

以上です!

わたしは個人的にフグの卵巣のぬか漬けが大好きで、これをアテにしっかりとした骨の太い味わいの日本酒をちびちびやるのが至福のたのしみです。
魚の内臓ゆえに全国流通していないものもありますが、どこかで偶然見かけた際にはぜひ挑戦してみてくださいね。
少しでもおもしろい、と思った方はシェアお願いいたいします♪