日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

きゅうりと大根を日本酒で漬けてみた

> > > きゅうりと大根を日本酒で漬けてみた
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!テイスティング専門家の永木三月です。

普段の活動として、『永木三月のテイスティングログ』というブログで、お酒の試飲会など食べ物が集うイベント、おいしいお店の紹介などをしています。また、定期的に「おいしいもの味覚鑑賞会」という食べ比べの会を開催しています。

 

今回は、日本酒料理シリーズ第4段!

テーマは、日本酒を使った漬け物「野菜の日本酒漬け」です。

 

はじめに 〜 「日本酒漬け」とは

お酒で食べ物を漬ける料理というのは、実はあまり多くありません。砂糖、塩、酢、醤油、味噌など、多くの調味料は漬け物に利用されるので、これは少し意外です。

もちろんアルコール漬けというものが全くないわけではありません。しかし、漬けた物のエキスをアルコールに移すのが目的である食べ物が多いようです。日本で言えば、ハブ酒や梅酒などです。

アルコールを利用した漬け物として1番有名なのは、ラムレーズンくらいでしょうか。日本酒漬けのレシピに砂糖を沢山使うものが多いのは、それをモデルにしているせいかもしれません。それでは、さっそく作ってみましょう!

 

「野菜の日本酒漬け」レシピ

0.材料の準備

きゅうり、かぶ、大根などの野菜。漬け物の定番であれば、何でも合うと思います。

漬け地はネット上のレシピを参照しました。とりあえず今回は、シンプルに「酒:砂糖:塩=10:10:1」で合わせました。

分量は野菜がきちんと漬かる量があればOKです。

こちらでレシピを紹介する際にいつも書いていることですが、料理酒は避けましょう。安い物で良いので、きちんと日本酒というカテゴリーのお酒を使うのが大事です。今回は、スーパーでも買える『黄桜』の日本酒を使っています。

準備ができたら作って行きましょう!

sake_g_otukemono1 (1)

1.材料を切る

材料を切っておきます。特にルールはありませんが、具材が小さいと、野菜の味や食感があまり残らない深漬けになります。逆に具材が大きいと、味がしみ込むまでに長い時間がかかります。

具材は、きゅうりとカブを使っています。味が染み込まないのを避けたかったので、どちらも小さめに切りました。

 

sake_g_otukemono2 (1)

2.漬ける

材料を漬けます。今回はジップロックを使っています。タッパーでも良いです。密閉できるものをお勧めします。

今回は、味のアクセントと彩りに、生姜と唐辛子を一緒に漬けています。

一晩から丸1日くらい漬ければ完成です。漬ける時間は具材の大きさにもよります。マイベストを発見したい方は、半日刻みくらいで味見してみると良いでしょう。

sake_g_otukemono3 (1)

3.食べてみる

画像の日本酒漬けは、約一日漬け込んだものです。具材はややへたってしまいました。食感はもう少し残った方がおいしく感じます。一口サイズよりは少し大きめ(厚め)に切った方が良いかもしれません。

香りは非常に清涼感があり、酢漬けなどとは違った魅力があります。砂糖が多いため甘さが強いですが、後半に日本酒の辛さ、旨味が追いかけてきます。

酒臭さが気になる方は、漬け地のアルコールを熱して飛ばし、冷ましたものを使用しましょう。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

作ってみたイメージとしては、最初に書いたように、ラム酒漬けの日本酒版を想像してみるのがわかりやすいでしょう。
砂糖を大量に使用するレシピが、それを思わせます。

おいしいのですが、砂糖を多く使うと、どうしても味がべたべたします。同じコンセプトでやるならば、漬け地をお酢で整える、砂糖以外の甘味で作るなどの工夫で、もっと深みのある料理にできるでしょう。気になった方はぜひ一度作ってみてください!

みなさんの、さらに豊かな日本酒ライフに貢献できれば幸いです!

【関連】 日本酒たっぷりの煮込み料理「すっぽん煮」を作ってみた!
【関連】 ちりめん山椒と日本酒のマリアージュ

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

永木 三月

テイスティング専門家として活動中。ライターとしての活動の他、「おいしいもの味覚鑑賞会」という食べ比べの会を開催しています。 日本酒はもちろん、日常を支える家庭料理の楽しみから高級レストランの味わい深さまで、あらゆる食の楽しみを伝えるべく日々活動しています。

ウェブサイト