日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

簡単レシピ!桃のコンポートを日本酒でつくってみた

> > > 簡単レシピ!桃のコンポートを日本酒でつくってみた
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。SAKETIMESライターの梅山紗季です。SAKETIMESでは、日本酒がおいしいお店の情報はもちろん、日本酒や酒粕を使ったレシピの記事が豊富です。

私も以前、「日本酒デザートを作ってみました!」今回は、今の時期においしいフルーツ「桃」を、日本酒と掛け合わせたデザートをご紹介します!日本酒が苦手な方にこそオススメしたい、「飲む」以外の楽しみ方をご提案したいと思います!

日本酒で作る白桃のコンポート

コンポートというのは、果物をシロップやワインで煮込んだものを指します。ジャムよりも果実本来の食感が活きることと、煮込む際に使うシロップ・ワインの風味が加わった味わいになることが特徴です。今回はこれを日本酒を使って作ってみます。
煮込む際に利用するのは、「南部美人 純米吟醸」。まずはそのまま、「南部美人」を飲んでみます。香りが上品ながら、味はお米の味わいが強く、後味がすっきりとしています。和食はもちろん、料理に使えば華やいだ味わいになりそうです。

sake_g_sweetsrecipe1 (1)

すっきりとした香りと、後味の広がりが端正なこちらで、桃を煮込みます。

材料は以下の通り。

【材料】
・桃…中くらいのサイズのものを2つ
・水…200cc
・砂糖…80g
・レモン汁…10g
・お好きな日本酒…150cc

1, まず、桃をきれいに洗います。皮ごと煮るため、丁寧に洗っていきます。

sake_g_sweetsrecipe3 (1)
2, 桃にゆっくり包丁を入れます。差し込むと真ん中あたりで、種にぶつかるので、そこからは種に沿ってまっすぐ包丁を一周させ切れ目を入れます。切れたところを境にくるっと捻り、桃の種を、スプーンなどで優しく取り除きます。

sake_g_sweetsrecipe2 (1)

3, お鍋に2の材料を入れ、火にかけて煮立たせます。この時点で日本酒のいい香りが!

4, 煮立ったら桃を入れ、6〜10分ほど煮込みます。時々菜箸で桃をひっくり返し、満遍なくお酒に浸るようにします。

sake_g_sweetsrecipe8 (1)

5, お酒と桃のいい香りがしてきたら完成間近です!鍋から桃を上げ、上げる際に皮を菜箸でむきます。写真のようにつるっとむけるため、桃の形を崩さずいただけます。

sake_g_sweetsrecipe4 (1)
6, 煮込んだシロップも、漉し器で濾して桃と一緒に入れたら、完成です!

sake_g_sweetsrecipe5 (1)

アレンジは自在!そのままでも、夏らしく食べるのもオススメ

冷蔵庫で十分に冷やしたら、切ってそのままいただいてみます。 火にかけた時間が長かったため、日本酒の味はほんのり感じられる程度ですが、噛むと香りが鼻にゆっくりと抜けます。日本酒好きからすると、この香りがたまらない!

sake_g_sweetsrecipe6 (1)
また、バニラアイスに添えてみました。こちらも、桃とアイスの相性が抜群なこと、また、日本酒で煮ているため大人な味わいに仕上がりました。皮ごと煮ることで淡いピンク色に桃が染まるので、色を差すという役割も果たしてくれます。

sake_g_sweetsrecipe7 (1)
そのまま凍らせてみたり、ヨーグルトに入れるのもオススメです。

いかがでしたでしょうか?煮込むだけ、簡単でおいしい上に、何に入れてもおいしいのでお好きなデザートに加えることができます。日本酒が余ってしまった方、日本酒をそのままでは飲むのが苦手な方にこそ、ぜひぜひ試していただければと思います!

【関連】日本酒デザートを作ってみました!
【関連】日本が誇る万能調味料、酒粕で作るおつまみレシピ!

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

鈴木紗雪

大学で日本文学を専攻。「お酒が飲みたくなる3冊」という日本酒と文学作品を絡めた記事をはじめ、映画、落語、音楽などの文化的な要素と日本酒とを扱った記事をご紹介しています。お菓子づくりも好きで、日本酒や酒粕を使ったスイーツのレシピも公開しています。