日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

【150種類の日本酒カクテルが楽しめる】20~30代の若者に大人気の日比谷bar

> > > 【150種類の日本酒カクテルが楽しめる】20~30代の若者に大人気の日比谷bar
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!SAKETAIMESライターの三浦環です。

日本酒イベント活動の中では色々な出会いがあります。その中で出会った、日本酒の新しい愉しみ方の提案をされているお店をご紹介させていただきたいと思います。

 

日本酒カクテル専門店 日比谷Bar「銀座SAKE HALL」

今回は、日本酒カクテル専門店 日比谷Bar「銀座SAKE HALL」 にてこのお店をプロデュースされた山本利晴様にお話を伺ってきました。

日比谷Bar系列店では日本酒カクテルは定番として扱われていますが、特にこちらのお店は専門店としてお店の内装から取り扱うメニューまで、何から何まで全てが日本酒づくめ。
このお店を拠点に日本酒の新しい愉しみ方として日本酒カクテルが150種類も提供されているのです。

こちらのお店には酒蔵ごとの個室もあり、それぞれの蔵をイメージした内装やメニューも楽しみの一つです。現在は司牡丹(高知)、大山(山形)、一ノ蔵(宮城)、吉野川(新潟)、文楽(埼玉)、春鹿(奈良)、五橋(山口)の7蔵があります。

sake_g_hibiya_hall_1

銀座という立地ながら、そのお値段は500~600円台が中心で高くても900円台というお手頃なお値段!日本酒をそのままいただく場合もワイングラスで、そしてその注文方法もグラス・ボトルというBarならではのスタイルです。

こちらのお客様は普段は日本酒を飲まないという方も多くいらっしゃるそうです。その年齢層も20~30代の会社員の方がほとんどで、女子会などでもよく利用されているとのことでした。消費される日本酒はなんと四合瓶(720ml)で月間700本という驚異的な本数。このことからもこのお店でいかに日本酒が飲まれているか、ということもわかりますね!

 

カクテル紹介

・MOTOZAKE(モトザケ)

日比谷Barでは、MOTOZAKEというカクテルベースとなる専用の日本酒が取り揃えられています。このMOTOZAKE、とてもラベルが素敵なのです。パッと見て日本酒とはわからないスタイリッシュなデザインで、酒瓶もまた洋酒をイメージさせられるものもあります。MOTOZAKEは純米酒を中心としたラインナップです。もちろんこのままでもとても美味しいお酒ですし、ワイングラスでも是非お愉しみいただきたいです。MOTOZAKE以外の日本酒もあり、個室のある各酒蔵ごとに通年商品が7種、季節限定酒が2種、MOTOZAKEが1種という取り揃えなのだそうです。

sake_g_hibiya_hall_2

 

・日本酒カクテル

こちらで提供されるカクテルは全てお店の創作カクテルとなっています。昔のように日本酒の味を消すカクテルではなく、日本酒本来の美味しさが伝わるように作られています。その種類も150種類というラインナップで、その中にはチョコレートと合わせたフローズンなど女性にも喜ばれる甘いデザートのようなカクテルもありました。

sake_g_hibiya_hall_3

 

・乾杯に!人気No.1 「SAKENIC」(サキニック)

こちらはMOTOZAKEをこちらのお店で開発されたトニックウォーターSAKENICで割るという炭酸の効いたカクテルです。乾杯の時にシュワシュワとして喉越しが良く、尚且お手頃価格で飲めるものをということで作られたカクテルです。オレンジのピールなどが加えられたり香りもフレッシュなお酒です。

sake_g_hibiya_hall_4

 

・人気No.2 「ファーム トゥ グラス」

日本酒には季節ごとや四季それぞれに出てくるお酒があります。ファームトゥグラスというカクテルは、そんな季節を持つ日本酒と季節のフルーツなどを合わせ四季を表現するというのが一つ目のテーマ、二つ目は地元の農場でできたフルーツなどやその土地の酒蔵のお酒を取り入れることにより、グラスの中で地域を表現することがテーマとなっています。こちらはフレッシュなフルーツを用いるのでかなりジューシーな味わいですが、その中にしっかりと日本酒の味わいを感じました。

sake_g_hibiya_hall_5

 

・SAKEムースが美味しい!SAKE ESPUMA カクテル

ムース状になった日本酒をふわっと乗せたカクテルです。ムースは軽い口当たりですが、お酒の味もしっかりと感じますし、香りもとても広がります。見た目の可愛らしさも飲ん
でいていろんな味も楽しめるカクテルです。

sake_g_hibiya_hall_6

 

 

日本酒の新しい愉しみ方、皆様も試されてみてはいかがでしょうか?

最後に快く応じてくださったプロデューサーの山本様カクテルを作ってくださった銀座SAKE HALL 店長 織部様ありがとうございました。

 

SAKE HALL HIBIYA BAR

sake_g_hibiya_hall_7

TEL03-3572-7123
住所東京都中央区銀座5-6-12
みゆきビル 地下1階
営業時間17:00~23:30

[詳しくはこちら]

 

以上です!
少しでも興味を持ったという方はシェアお願いいたします♪

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

三浦 環

秋田県出身。お酒の美味しさを色々な方に伝えたいと思い、酒蔵ブースでのお手伝いや秋田のお酒を愉しむイベントを開催しております。現在、日本酒専門飲食店にて日本酒担当として修業中です。