日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

酒飲みにかかりゃあなんのその。神様も黙らせる屁理屈──落語にみる、酒と酒飲み

> > > 酒飲みにかかりゃあなんのその。神様も黙らせる屁理屈──落語にみる、酒と酒飲み
このエントリーをはてなブックマークに追加

古典落語に酒は欠かせません。落語界では、噺家(はなしか)が小道具として持つ扇子や手ぬぐいに並び、重要なものとされてきました。

小道具はその見せ方によって、扇子が刀や煙管に、手ぬぐいが紙入れ(さいふ)や書物になるなど、観客がそれぞれの場面を想像する手助けとして必要不可欠。一方で、酒は義理や人情、喜び、悲みなど、江戸っ子の生きざまを赤裸々に語るために必須でしょう。

酒が出てくる噺(はなし)にも、酒そのものが主役となって噺の筋を運ぶものと、単なる小道具として使われるものに大別することができます。

酒が主役となる噺

酒が主役となる噺はさらに、登場人物がすでに酔っ払った状態で出てくる場合と、素面で登場し酒を飲みながらだんだんと酔っ払っていく場合に分けられるでしょう。

最初から酔っ払って登場する「ずっこけ」

もう飲むのはやめようと思いながら、ずるずるといつまでも飲んでしまう酒飲みを"後引き上戸"といいます。

後引き上戸の男が「風呂帰りにちょっと1杯」のつもりで居酒屋に入りました。他の客が飲んでいるのを見ると、ちょっとでは物足りなくなってしまい、ついもう1本。しかし飲んでいるうちに、財布を持っていないことに気付きました。

ところがそれを言い出せないまま、ずるずると飲み続けているそのグズぶり。当然、店の若い衆が飲むのをやめさせようとします。

しかし、なんだかんだと理屈を言っては飲み続け、挙句の果てに「俺はお前のその声に惚れてこの店へ入った」などと言いながら大声で歌い出す始末。店の前には野次馬が集まってきてしまいました。

そこに、たまたまそばを通りかかったこの男の兄貴分。放っておくこともできないので、その店の勘定を払って連れて帰ろうとしました。それでもこの酔っ払いは道すがらに女をからかったり、小便の世話まで焼かせたり...さすがの兄貴分も腹に据えかね、ぐでんぐでんに酔っ払った男の襟首をつかみ、肩に担ぐようにして連れて帰る...つもりが、いつのまにか男の姿は消えて、着物だけになっていたのです。

慌てて引き返すと、途中の交差点に素っ裸で座り込んでくだを巻き、兄貴分を"追いはぎ"呼ばわりする始末。これには兄貴分も怒り心頭。男を家まで送り届けると「これが世話の焼き仕舞いだ」と、帰ってしまいました。

酔っ払いの女房は「しょうがない人だね。なかなか帰って来ないから心配したけど、それでもまあよく人に拾われなかったこと...」とぼやきます。

女房様が一枚も二枚も上手なのは、いつの時代も変わりませんね。

酒飲みの屁理屈

ある日、いつものように飲み友達が誘いにやって来ました。

「今晩、付き合わねえか。良い店を見つけたんだよ。今日は俺のおごりだからさ」

「いや、せっかくの誘いだけど駄目なんだ。今は酒が飲めねえんだよ」

「何だどうしたい。体の具合でも悪いのか」

「そうじゃねえんだけども。神様に、酒を断っちゃったんだよ」

「お前が?馬鹿だねこの野郎は。どうしてそんな無駄なことをするんだよ。お前ね、好きなものを無理に我慢するって、そっちの方がよほど体には良くないぜ。で、どのくらい断ったんだ?」

「向こう1年って約束なんだけどよ」

「1年も?何だなどうも、せっかく誘いに来たのに...あ、じゃあお前こうしろよ、向こう2年ってことにしてもらって」

「いやあ駄目だよ。向こう1年だって続くかどうかわからねえんだから、向こう2年なんてとても無理だ」

「だからさあ、向こう2年ってことにして、一晩おきに飲ましてもらうんだよ」

「ああなるほど!そういう手があったかあ。じゃあ向こう3年にして毎晩飲むかあ」

さすがの神様も駄目とは言えない、見事な屁理屈でありました。

参照:『落語にみる江戸の酒文化』旅の文化研究所 編/河出書房新社

「火事と喧嘩は江戸の花」に象徴されるように、江戸っ子は男だけの世界になると勇ましく、そして格好良くふるまうもの。酒の勢いで怖いものがなくなる酔っぱらいも同様でしょう。「矢でも鉄砲でも...」と粋がりますが、酔いが醒めた途端、女房には頭が上がらなくなってしまうのです。

(文/梁井宏)

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

梁井 宏

金沢の創業1625年の老舗酒蔵で、40年余りにわたり、酒造管理、商品開発、市場開拓などに携わってきました。同社を退職後は、酒関連の情報収集と併せ、現役時代からこだわってきた、「熟成古酒」の啓蒙活動に力を入れています。