日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

飛騨ガリガリ氷原酒 (渡邉酒造店/岐阜県飛騨市古川町)

> > > 飛騨ガリガリ氷原酒 (渡邉酒造店/岐阜県飛騨市古川町)
このエントリーをはてなブックマークに追加

アイデア商品を生み続ける飛騨の老舗蔵

岐阜県最北端、3000m級の山々に囲まれた飛騨市古川町にあるのが、老舗蔵・渡邉酒造店です。歴史作家の故・司馬遼太郎氏が、その白壁土蔵の気品ある街並みを「街道を行く」で絶賛しています。

歴史深い街に、渡邉酒造店は享保17年(1732年)に初代・渡邉久右衛門が「荒城屋」として創業、両替商と生糸の製造で財を成しました。酒造業を始めたのは明治3年(1870年)5代久右衛門章氏の時代。章氏が生糸を売りに訪れた時に京都の醸造どころ、伏見のお酒の味に感銘を受け、自ら酒造りをしようと決意し酒蔵を構えました。現在も使用している蔵は国登録有形文化財に指定されています。

sake_garigari_2

主要銘柄は「蓬莱」です。由来は仙人が住むといわれる不老長寿の桃源郷であり、人に喜びを与え開運をもたらすという語から採りました。飛騨山脈から流れる伏流水を使用し、地元産の酒米「飛騨ほまれ」を使った酒を中心に製造しています。

現在までさまざまな品評会で金賞等を受賞している実力蔵ですが、大吟醸ケーキなどのスイーツやラーメン、飛騨牛の酒蔵漬け、吟醸粕のワサビ漬けなどのアイディア商品も多々、開発しています。

消費者の声から誕生した「ガリガリ氷原酒」

sake_garigari_0

「ガリガリ氷原酒」の誕生は、消費者の声からでした。夏場の冷蔵庫は冷やすものであふれ、お酒用にスペースを確保するのは大変。そこで「常温で保存がきき、オンザロックで美味しく呑める冷酒があれば」という要望に応えたお酒です。青氷をイメージした酒瓶と涼しげで個性的なキャラを配置したラベルが印象的。

お米は飛騨産の酒造好適米、飛騨ほまれを67%まで磨いた普通酒です。ネーミングもラベルも、あの大ベストセラーの氷アイスを意識していることがうかがえ、蔵の遊び心が面白いですね。

ロックがおすすめ!ほとばしるインパクトのある味わい

sake_garigari_1

このお酒はロックで呑むことを推奨しているため、アルコール度数はなんと19度。原酒の中でもかなり高めに設定されています。という原酒でもかなり高めに設定されています。香りは普通酒だけに、アルコールとお米の濃醇な香りが混ざったよう。口に含むとインパクト大の旨みと酸味、完全発酵の爽やかさが混然一体となって押し寄せてきます。ロックにした場合はアルコール感も感じません。氷を入れても味わいが濃いので、だれることがなく、濃醇な旨みが緩和され、切れ味が良くなります。呑み続けるためにもロックが良いでしょう。

夏バテの時にキンキンに冷やして氷で割って呑むと、体が内外からシャキッとなるように感じます。また、蔵元はソーダ割りも推奨しています。夏の屋外でバーベキューパーティーなどで、焼肉や海鮮焼きとともにグビッと呑むのに最適ですよ。

関連カテゴリ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは日本酒を中心とした日本文化のメディアサイトです。専門的な知識から、クスっと笑えるエンタメまで幅広く面白い情報を毎日お届けします!