日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

スパークリング?瓶内二次発酵?発泡系日本酒の違いについて

> > > スパークリング?瓶内二次発酵?発泡系日本酒の違いについて
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、酒匠の山口奈緒子です。
今回は「スパークリング日本酒」について紹介いたします。

スパークリングには3種類ある!

近年よく見かけるようになった「スパークリング」ですが、そのシュワシュワな味わいを出すためには3種類の方法があります。その3種類はこちらです。
・活性にごりタイプ

・瓶内二次発酵タイプ

・炭酸ガス注入タイプ

それぞれどのように違うのでしょうか?

活性にごりタイプ

sake_sparkling1

こちらはにごっているお酒です。

日本酒はお米・水・麹を発酵させもろみを造りそれを濾過などをして瓶に詰めています。活性にごりタイプのお酒は、粗い濾過しかせず、もろみの状態=菌が生きており発酵している状態で瓶に詰めたものを指します。

もともとの発酵力を利用してシュワシュワ感を出しているのですね。粗い濾過しかしていないために、お酒はにごっていてドロドロとしているものが多いです。

瓶内二次発酵タイプ

sake_sparkling2 (1)

(出典:五橋HP)

こちらも活性にごりタイプと同様、発酵力を利用したものです。

しかし、お酒を造る過程での発酵力ではなく、一旦できあがったお酒を瓶に入れ、そこに新たに酵母や糖を入れて封をしたタイプです。優しいシュワシュワ加減はとても気持ちよいです。こちらの方法は簡単に言ってしまうと、シャンパーニュと同じような方法で造られております。スパークリング日本酒が和製シャンパンと呼ばれる所以でもありますね。

→ご購入はこちらから

炭酸ガス注入タイプ

sake_g_mio_manga1 (1)

(出典:宝酒造株式会社)

さいごの「炭酸ガス注入タイプ」は、上の2つとはまったく別の方法です。できあがったお酒に炭酸ガスを注入させてシュワシュワ感を演出しています。

炭酸ガスを入れる加減にも寄りますが、発酵とはまた違った炭酸の刺激を味わえます。コンビニなどでも購入できる「澪(みお)」はこのタイプです。

→ご購入はこちらから

まとめ

スパークリングと言われるシュワシュワとした日本酒には3タイプあります。
・活性にごりタイプ
・瓶内二次発酵タイプ
・炭酸ガス注入タイプ

※しかし、これらは明確に定義されている言葉でないので混同して使われている場面もありますのでご注意を。
ぜひスパークリング日本酒を飲むときは、どのタイプにあたるのか気にしてみてくださいね!

【関連】月の桂 にごり酒(増田徳兵衛商店 京都府京都市伏見区)
【関連】風の森 秋津穂 純米しぼり華(油長酒造 奈良県御所市中本町)

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

山口 奈緒子

日本酒のテイスティング資格「唎酒師」「酒匠」保持。日本酒専門メディアSAKETIMESの立ち上げに参画。 在籍中の1年間で、日本酒の知識を活かしユーザー拡大に貢献した。 現在は、日本酒の選定・講師など、日本酒の魅力を広げるべくさまざまな活動を行っている。