外国人のために日本酒体験の機会創出を目的とした、日本酒バイリンガルプラットフォーム「AKESAKE(アケサケ)」が立ちあがったそうです。

外国人やバイリンガルの若者を対象にイベントやセミナーを開催

各地の蔵元が、伝統産業としてその土地の歴史と伝統を守り抜く一方で、外国人は日本酒に触れる機会に乏しい現状があることから、AKESAKEでは、蔵元の協力のもと、訪日・在京外国人やバイリンガルの若者を対象にイベントやセミナーを開催するそうです。日本酒を五感で楽しみ、外国人が帰国後も日本酒で乾杯したくなる機会の創出を目指すとのこと。

詳細はこちら

◎近日開催のイベント

◎お問い合わせ先


この記事は無料リリース情報配信機能「SAKETIMES PRESS」を利用しています。

新規リリース情報がございましたら、下記URLより申請ください。

SAKETIMES PRESS 申請フォーム

SAKETIMES PRESSを利用することで誰でも簡単に、無料で情報配信を行うことができます。

※一般的な取材記事に比べれば情報は簡易なもので、個別の取材などは入りません。
配信可否は社内規程に基づき決定され、記事化を約束するものではりません。
申請の原文がそのまま記事化されることを保証するものではありません。
審査基準の公開は行っておりません。
日本酒メディアSAKETIMESを運営するclear、誰でも無料でSAKETIMESでのリリース情報の配信が可能になる「SAKETIMES PRESS」を開始!