日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

菊正宗の日本酒は今の若者に受け入れられるのか?!現役大学生の女子会で新商品「純米酒・香醸」を飲んでもらった

> > > 菊正宗の日本酒は今の若者に受け入れられるのか?!現役大学生の女子会で新商品「純米酒・香醸」を飲んでもらった
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、SAKETIMES編集部です。
大手日本酒メーカー菊正宗酒造の全容に迫る特集連載、第二回です!

菊正宗といえば「辛口一筋」のイメージで、中年以降の男性が好んでいるイメージですよね。
しかし、前回の記事の通り菊正宗は数多くの商品を開発しており、その中には"若い世代"をターゲットとした商品もあるそうです!

今回は、菊正宗の若い世代向けの商品が今の若者に受け入れられるかを、現役女子大生に飲んでもらうことで検証してみたいと思います!
後半ではSAKETIMESのレビューもありますのでお楽しみに。

飲んでもらうのは新商品「純米酒・香醸」

女子大生に飲んでもらうのはこちら、「純米酒・香醸(こうじょう)」。

sake_jyoshikai_1

「香醸」は菊正宗が2015年9月に発売を開始した新商品。特定名称と呼ばれるお酒の分類では”純米酒”と言われるお酒です。
日本酒ビギナーでも親しむことができるように造られているということなので、今回は思いっきり日本酒素人の女子大生に協力してもらいました!

「香醸」女子会スタート!

それでは今回、「香醸」を飲んでくれる女子大生を紹介します!

増田茜さん(大学4年生)

跡見学園女子大学に通いながら、モデルのお仕事をされているそうです。日本酒は「甘くて度数が高い」イメージとのこと。

伊藤彩さん(大学3年生)
洗足学園音楽大学で音楽を学んでいるそうです。日本酒は「大人がしっぽり飲む」イメージで、普段は飲まないそうです。

面識のない状態からのスタート、若干緊張の面持ちで乾杯をします!

sake_jyoshikai_14

sake_jyoshikai_15

みなさん、やや驚いた様子、感想を聞いてみましょう。

「甘酒みたいな甘い良い香り!」

「くどくなくて飲みやすい!」

sake_jyoshikai_17

普段から日本酒を飲んでいる方は忘れがちですが、「ニオイがキツくて辛すぎて飲みづらい日本酒」のイメージを持っている人たちにとって、香り高いすっきりとした純米酒の存在は驚きのようですね。

 

sake_jyoshikai_16

sake_jyoshikai_20

実際、今後日本酒飲もうと思いましたか?

お酒によって気も緩んだようで、後半は和気あいあいとした雰囲気で女子会は進みました。
実際に飲んでみて、「今後も日本酒を飲もうと思えたか?」を聞いてみました。

茜ちゃん
「味がくどくなく飲みやすいので、料理とあわせて楽しみたいと思いました!」

sake_jyoshikai_10

彩ちゃん
「日本酒は健康にも良いときくので、これを機に飲んでみようと思いました!」

sake_jyoshikai_11

「純米酒・香醸」と出会うことによって、「毎日、日本酒飲みます!」とはさすがになりませんでしたが、こういうシチュエーションなら飲んでみたいと思ってもらうことはできるようですね。

マニアックにも語る!香醸の凄さ

今回は、日本酒ビギナーの女子大生に純米酒・香醸を飲んでもらう、という企画なので小難しいことは言ってきませんでしたが、安心してください、SAKETIMESらしくきっちりマニアックな部分でも「香醸」の解説をしますよ。

下記グラフをご覧ください。「香醸」と他のお酒の「香気成分(カプロン酸エチル)」の含有値の比較図です。
graph01
カプロン酸エチルとは、リンゴのような香り豊かな甘い香りの「吟醸香」の主成分です。一般的に吟醸香は吟醸・大吟醸系の製造コストの高いお酒だけに感じることができるものです。
吟醸酒系は製造コストが高いため、一般的なお酒よりも少し価格が高くなってしまいます。日本酒のもつ魅力的な香りを楽しむのは少しだけハードルが高いことがこれまでの日本酒業界の常識でした。

しかし図を見ていただくと、この「純米酒・香醸」は純米大吟醸よりも香気成分が高いのです!今までは、お米をたくさん使用する吟醸系はコストが高いという認識でしたが、「香醸」はその常識を打ち破ったのです。

その秘密が「キクマサH14酵母」です。酵母は日本酒の味や香りを作り出す要素のひとつです。このキクマサHA14酵母は精米歩合を高めずに吟醸系の華やかな香りを引き出すことに成功した菊正宗の独自開発の新酵母なのです。

この酵母の開発により、豊かな吟醸香をお手頃な価格で楽しめるようになった、というわけですね。

もちろん、香りだけではありません。下記の図を御覧ください。

graph02

米を磨きすぎずに香りを高めることに成功した「香醸」は、純米酒らしい旨味と余韻のある味わいを実現しているのです!
さきほどの女子会でも「お米の味を感じる」というコメントがあったのも、この旨味を感じやすい特徴ならではなのですね。

「香醸」、すごいです

「純米酒・香醸」、すごいですよね。興味のある方はぜひ飲んでみてください。いや、本当に飲んでみてもらいたいです!
次回の記事でも、菊正宗の新商品の魅力とストーリーに迫ります。お楽しみに!

彩ちゃんも「香醸」を気に入ってくれたようです!

菊正宗酒造:純米酒・香醸

sponsored by 菊正宗酒造株式会社

【関連】
大手酒蔵は機械化して量産…本当にそれだけ? 「大手だからできる情熱の酒造り」を追う、「菊正宗酒造」特集連載スタート!
菊正宗の新たな魅力!若き日本酒業界のナビゲーターに聞く「樽酒」の楽しみ方
生身の人間にしか生み出せない“押し味”を求めて――菊正宗が非効率的な「生酛造り」にこだわる理由
日本酒ブームの先へ ―― 菊正宗酒造の副社長が目指す、日常に日本酒が寄りそう世界

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES_PR

SAKETIMESのPR記事アカウントです! 日本酒や、それにまつわる酒蔵の想いや魅力を、余すところなく皆様にお届けします。伝え手として、一人でも多くの日本酒のファンが増えるよう、執筆していきます。