最近よく耳にする、酒蔵と観光を掛け合わせた”酒蔵ツーリズム”を体験しよう、ということで、今回の目的地は千葉県酒々井町の酒蔵・飯沼本家です。飯沼本家は、日本酒×観光の最前線として、国内外から大注目されています。

pr_iinumahonke002_01
なんと、年間5万人の観光客が飯沼本家を訪れるそう。その魅力は何なんだ!?
ということで、わたくしSAKETIMESライターのゆりえが飯沼本家を訪問してきました!

都内からたった1時間半のショートトリップ!

飯沼本家が位置するのは、千葉県は酒々井町、人口2万人ほどの小さな町です。最寄り駅の南酒々井駅は、東京都心からJR総武本線で1時間半ほどで到着します。
iinumahonke_002_02

JR総武本線はどんどん田舎へ向かいます。日本酒の蔵がこんな近くにあるなんて…ああ神様ありがとう。高鳴る鼓動を抑えきれません。
平日の電車内は、地元のおじいさん・おばあさんが、みかんを食べながら世間話で盛り上がっていました。ああ平和…。社会の縮図・山の手線とはひと味違います。

ついに南酒々井駅に到着!

電車に揺られること約1時間半、南酒々井駅に到着しました。

iinumahonke002_03

着いたあああ!

iinumhonke002_04

うおおお!!!

iinumahonke002_06

人いねえええええ!!!!!

iinumahonke002_07

人いねええええええ!!!!!!

南酒々井駅は無人駅でした。都心から南酒々井は片道2000円前後なので、出発前にしっかり電子マネーをチャージしていきましょう。
また、東京方面の電車は、1時間に2本程度しかありません!帰りの電車時間はしっかり注意してくださいね。

iinumahonke002_08
奇跡的に地元のおばあさまがお通りになり、パシャリ!ここが南酒々井駅です。
さあ、さっそく出発だ!

飯沼本家までの道のり

駅を出発すると、目の前に飯沼本家の看板がありました。

iinumahonke002_09

「酒々井まがり家」とは、飯沼本家が運営するレストランとギャラリーを備えた複合施設です。ここのレストランでの日本酒を使った料理も絶品らしい。ああ、高まります。さあ、先を急ぎましょう。

iinumahonke002_10

と思ったら5m先に看板発見!絶対200mも進んでない。

iinumahonke002_11

さらに進むと、またすぐに看板が!森の中に迷い込まないようにということでしょうか…。駅からこの看板がたくさんあるので、絶対に迷いません
駅から飯沼本家までは、徒歩10分ほど。その道中も、風情のある景色が広がっています。

iinumahone002_12

おばあちゃんの家を思い出させる古き良き民家。

iinumahonke002_13

突然出現するネギ畑。

iinumahonke002_14

へー、ブルーベリー畑もあるんだ!

 

ときょろきょろしている間に、

iinumahonke002_15

到着したようです。いいかげん看板しつこいなまじで(笑)

ついに到着!ここが天国・飯沼本家だ!

矢印の方向に進むと…
iinumahonke002_16

飯沼本家に到着!なぞのオブジェが出迎えてくれました。

おや、よく見ると、

iinumahonke002_17

QRコードを読み込むことでガイドもしてくれるようです。なんて今ドキなんだ…。

トイレを探しに周囲を散策していると、

iinumahonke002_18

駐車場の裏になぜかヤギが…!

iinumahonke002_19

ヤギにその辺の草をあげると、0.001秒で手から奪われました。(後ほど蔵元の方から名前をお伺いすると、「ヤギです」とご回答いただいきました。あの、あまりにもあれなので…名前急募です。)

ヤギと遊んだところで、飯沼本家の正門を探します!

iinumahonke002_20
門の前の倉庫。パッケージされた日本酒が積まれていました。

iinumahonke002_21
門の前にある「酒々井まがり家」
外観は歴史を感じる立派な建築物です。中がとても気になります…!
そしてまがり家をすぎると…

iinumahonke002_22

飯沼本家の門が登場しました!!

iinumahonke002_23

でかい!門がでかい!!

iinumahonke002_24

私の身長が160cm程度、その2倍ほどあります。

門からすでに日本酒独特の香りが一面に漂い、日本酒好きにはたまりません・・・
無言で香りをクンクン嗅いでいると、後ろから声が。

「ゆりえさんですか?ようこそいらっしゃました!」

(あ、案内してくれる飯沼本家の方だ)

振り返ると、

 

え!?
えっっっ!!?

失礼ながら、想像していた酒蔵の方は、こんなイメージでした。

iinumahonke002_25

しかしそこに立っていらっしゃったのは、想像よりずっとお若い、ユニ○ロのダウンをさらりと着こなすさわやかイケメン。
株式会社飯沼本家・取締役営業部長、飯沼一喜さん。

iinumahonke002_26

飯沼さん「遠方からお越しいただき、ありがとうございます!」

いえ、こちらこそ本当にありがとうございます。
この時点で胸の鼓動が爆発しました。

周辺施設も見所満載!酒々井町のおすすめスポット

挨拶の後さっそく蔵をご案内いただいたのですが、そこは次回たっぷりお伝えするとして、「飯沼本家は酒々井という街を抜きには語れません!他にも多くの見所がたくさんあるんです」という飯沼さんに案内していただいた酒々井町のオススメスポットを紹介します!

①酒々井プレミアムアウトレット

iinumahonke002_27

180店舗ある大型アウトレットモール。この日はセールも重なり最大80%OFFでした。

iinumahonke002_28

アウトレットの中のフードコードには、観光インフォメーションもありました。
ご当地キャラクターSHISUIちゃんとパシャリ。可愛い顔して常に酒瓶を持っているとんでもない酒豪です。
東京駅からアウトレットまで直通のバスも走っていて、とっても便利!

② 酒々井温泉 湯楽(ゆら)の里

iinumahonke002_29
2015年12月にオープンした本格天然温泉。アウトレットから徒歩10分、無料送迎バスも走っています。
部屋着レンタルつきで、館内をゆったりできます。
iinumahonke002_30
中はこんな感じ。漫画も常備してあり、1日中居座れそう。

iinumahonke002_31

レストランではもちろん飯沼本家の日本酒も扱っていました!
12月のオープン時、飯沼本家協力の元、お風呂の中に日本酒をいれる「日本風呂」を催したそうです。なんでリア充なお風呂なんだ。ぜひもう一度やってほしいものです。

iinumahonke002_32

時間の関係で今回は2ヶ所を案内してもらいましたが、その他にもハーブガーデンや資料館、武家屋敷などたくさんの見所があるようです。どこも飯沼本家からタクシーで10分圏内!次回はゆっくり散策しようと思います。

さて、周辺散策も終わり、ついに飯沼本家内部を案内してもらいます!
酒蔵ツーリズムの最先端・飯沼本家には、何があるのでしょうか…。

次回をお楽しみに!

sponsored by 株式会社飯沼本家

【関連】
飲むだけじゃない日本酒の魅力とは? 国内外から注目される日本酒×観光の最前線「飯沼本家」の魅力に迫る!
都内からたった1時間半の日本酒トリップ!千葉県酒々井町・飯沼本家に行ってきた!【後編】
業界の常識をくつがえす。飯沼本家の次期蔵元・飯沼一喜氏インタビュー【前編】- 酒蔵経営の戦略とは?-
業界の常識をくつがえす。飯沼本家の次期蔵元・飯沼一喜氏インタビュー【後編】- 未来への展望 –
田植え初体験を酒蔵で!? 飯沼本家による年に一度の「まがり家フェスタ」で田植えツアーに参加してきました!