日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

田植え初体験を酒蔵で!? 飯沼本家による年に一度の「まがり家フェスタ」で田植えツアーに参加してきました!

> > > 田植え初体験を酒蔵で!? 飯沼本家による年に一度の「まがり家フェスタ」で田植えツアーに参加してきました!
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本酒×観光の最前線として、年間5万人もの観光客が集まる千葉県酒々井町の酒蔵・飯沼本家。SAKETIMESではこれまで、飯沼本家へのショートトリップ・レポートや、次期蔵元・飯沼一喜さんへのインタビューを通して、“グローバル×ローカル”を掲げるその魅力に迫ってきました。

今回は、SAKETIMESライターのゆりえが、飯沼本家のゴールデンウィーク特別行事「まがり家フェスタ」(2016年4月23日〜5月5日開催)で、田植えとバーベキューに参加してきました! まがり家フェスタは地元を楽しんでもらうためのイベント。グローバルを見据えつつ地域を大切にする飯沼本家らしい催しです。

参加費は大人3,000円・小学生以下は1,500円。このお値段で、どこまで楽しめるのでしょうか。飯沼本家「まがり家フェスタ」をレポートします!

酒蔵で初・田植え体験

pr_iinumahonke006_01

5月3日(火)午前10時、飯沼本家に到着しました。門をくぐると、本日の田植え体験参加者が30名ほどが集合しているほか、「酒々井まがり家」(以下、まがり家)でも多くの方がレストランや買い物を楽しんでいる様子。イベント期間中、まがり家ではお酒のアウトレット販売をしていて、飯沼本家の各銘柄が一挙大売り出し! なかには通常の半額のお値段で買える銘柄も! この日の飯沼本家は、地元の方々や観光客で大にぎわいでした。

田植え体験は、ご家族からお若いご夫婦まで、幅広い年齢の方が参加していました。飯沼本家・取締役の飯沼ー喜さんの掛け声のもと、ラジオ体操からスタート。照れながらもしっかりと体操する参加者のみなさん。

pr_iinumahonke006_02

わたしもしっかり参加!ラジオ体操なんて何年ぶりだろう・・・

pr_iinumahonke006_03

ラジオ体操のが終わり着替えをすませたら、さっそく「きのえね農園」が運営する田んぼへ向かいます。

「きのえね農園」は飯沼本家が経営する法人で、酒米のほかにもブルーベリー、梅、柚子、キウイフルーツなどを栽培しています。ブルーベリー農園は観光スポットとしても人気なんですよ!

今回の田植え体験は、きのえね農園の保有する酒米の水田でおこないます。まがり家から徒歩10分ほどの距離にある水田ですが、この道のりも自然が豊かでたくさんの花や虫が生息しており、季節によってはホタルも見られるとか。都心ではできない体験がすでに始まっています。

早速、きれいな花と見たことのない虫を発見しました!

pr_iinumahonke006_04

そして田んぼに到着!

pr_iinumahonke006_05

田んぼの大きさは3ヘクタールほど。この広さで、毎年210俵(お茶碗約8万杯分)のお米が収穫されます。

毎日お米を食べていますが、恥ずかしながら人生で初めて稲の苗を手に取りました。この苗を植えていきます。

pr_iinumahonke006_06

田植えは共同作業。参加者で1列になって植えていきます。みなさん、勢いよく田んぼの中に入っていきます。

pr_iinumahonke006_07

私も続いて田んぼに足を入れてみました。

「あれ!う、動かない! 助けて!(叫)」

足が埋もれてしまい、身動きが取れません。長靴は田んぼの泥にはまってしまうので、初心者は素足の方が動きやすいらしいです。まさに体験しないとわからない知識ですね。

ということで、長靴を脱ぎ、再度チャレンジ!

pr_iinumahonke006_08

不安なので、木の棒を杖にそーーーーっと入ります。

pr_iinumahonke006_09

「・・・・・・!!!!!!なんだこの感覚!!?!!!やわらかいぞ!!!!!」

今まで生きてきたなかで、確実に一番やわらかい感触が足に絡みつきます。足で地面をすくうと、ずっしりと泥が乗ってかなり重い!

pr_iinumahonke006_10

列を揃えて、田植え作業スタート!

pr_iinumahonke006_11

苗束を片手に取り、ひとつひとつ、ていねいに植えていきます。

pr_iinumahonke006_12

人生初の田植え!

pr_iinumahonke006_13

やわらかい泥の上に少し押し込むだけで、しっかりと稲が立ちます。せっせと植えていき、30分ほどで田んぼの半分を植え終わりました。

pr_iinumahonke006_14

田んぼの中をよく見ると、生き物がたくさん発見できます。じっくり探すのも田植えの楽しみのひとつ。愛らしいカエルに、私も子どもたちも夢中です。

pr_iinumahonke006_15

初めはおそるおそる稲を植えていた男の子も、最後は泥だらけ!

pr_iinumahonke006_16

開始から約1時間ほどで、田んぼの一角の田植えを完成させました!

作業後、冷たい井戸水をいただきます。天気も良く炎天下の作業だったので、水が美味しくてたまらない!

pr_iinumahonke006_17

「まがり家フェスタ」開催中の飯沼本家を散策

田植え体験でお腹も空いたところで、お待ちかねバーベキュー! ですが、開始まで少し時間があったので飯沼本家を散策しましょう。

「まがり家フェスタ」開催中、酒蔵のイベントスペースでは墨絵画家のジム・ハサウェイの作品展が開催されてました。

pr_iinumahonke006_18

イベントスペースのとなりでは、地元の方が出店するフリーマーケットも開催されていて、手作り品や地元の物産品が販売されていました。地元に根付く飯沼本家らしい取り組みですね。

酒々井に暮らすおじいさんは、地元伝統の手作りのおもちゃを売っていました。

pr_iinumahonke006_20

こちらがその作品。手作りの笛や竹とんぼなどが並びます。

pr_iinumahonke006_21

おもちゃで遊んだ後は、あいつに会いにいきます。そう、はじめて飯沼本家を訪れたときに出会ったヤギ!

pr_iinumahonke006_22

飯沼本家にお邪魔するたびに挨拶するこのヤギ。名前はずっと「ヤギ」なのだそう。

「ヤギよ、しっかり草をお食べ」「メェェェェー」

pr_iinumahonke006_23

バーベキューと日本酒は最高の組み合わせ

ヤギと遊んでいるうちに、バーベキューの準備が整いました。みなさん、もうお腹ぺこぺこです。

pr_iinumahonke006_24

乾杯の飲み物はもちろんこれ、飯沼本家の「甲子正宗」!

pr_iinumahonke006_25

全員の手に渡ったところで、カンパイです!

pr_iinumahonke006_26

うおおおおーーーーーー!美味しすぎる!!

「甲子正宗」はスッキリ飲みやすいタイプの銘柄、ビールのようにするすると日本酒が進みます。

pr_iinumahonke006_27

バーベキューと日本酒はとても合います。これからのアウトドアシーズンにおすすめですね。

pr_iinumahonke006_28

田植えを一緒に頑張ったメンバーたち。バーべキューを囲ってさらに仲良くなるのも、この体験の醍醐味です。

pr_iinumahonke006_29

こうしてバーベキューが終わったのは午後3時。この後は、近くの温泉で汗を流す方もいれば、アウトレットモールでショッピングを楽しむ方も。余裕を持ったスケジュールなのもうれしいですね。

日本酒の酒蔵で田植え体験ができるなんて思いもよりませんでしたが、「まがり家フェスタ」での田植え体験とバーベキュー、満足度は間違いなく星5つでした! 「まがり家フェスタ」は、また来年のゴールデンウィークに開催予定です。みなさま、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。

(取材・文/ゆりえ)

◎酒々井まがり家
住所:千葉県印旛郡酒々井町馬橋106
TEL:043-496-1001
営業時間:10:00~18:00
URL:http://www.iinumahonke.co.jp/shop/#info
※酒蔵見学は随時行っています。

sponsored by 株式会社飯沼本家

【関連】
飲むだけじゃない日本酒の魅力とは? 国内外から注目される日本酒×観光の最前線「飯沼本家」の魅力に迫る!
都内からたった1時間半の日本酒トリップ!千葉県酒々井町・飯沼本家に行ってきた!【前編】
都内からたった1時間半の日本酒トリップ!千葉県酒々井町・飯沼本家に行ってきた!【後編】
業界の常識をくつがえす。飯沼本家の次期蔵元・飯沼一喜氏インタビュー【前編】- 酒蔵経営の戦略とは?-
業界の常識をくつがえす。飯沼本家の次期蔵元・飯沼一喜氏インタビュー【後編】- 未来への展望 –

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES_PR

SAKETIMESのPR記事アカウントです! 日本酒や、それにまつわる酒蔵の想いや魅力を、余すところなく皆様にお届けします。伝え手として、一人でも多くの日本酒のファンが増えるよう、執筆していきます。