日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

大関の酒蔵で真剣勝負の利き酒を体験!西宮日本酒学校2016 第3回「大関きき酒道場」レポート

> > > 大関の酒蔵で真剣勝負の利き酒を体験!西宮日本酒学校2016 第3回「大関きき酒道場」レポート
このエントリーをはてなブックマークに追加

西宮市では「西宮の日本酒」振興プロジェクトの一環として、酒蔵地域一帯をキャンパスに見立て「西宮日本酒学校2016」を開講しています。第1回の日本盛、第2回の白鷹に続き、第3回は1月28日(土)、大関株式会社をキャンパスに行われました。

灘の酒造りに貢献した大関。私費で設置した灯台は今も現役

大関株式会社は、1711年に初代の大坂屋長兵衛が創業しました。1884年に商標条例が発令されたのを機に「大関」に変更。1935年に株式会社化し、当初は「北辰馬商店」という名でしたが、1929年に株式組織へ改め「株式会社長部文治郎商店」、1962年に「大関酒造株式会社」、1991年に「大関株式会社」と社名を変更してきました。

東京オリンピック開催と同じ日(1964年10月10日)に発売した「ワンカップ大関」は1合カップ容器の先駆けで、1979年には年間1億本を販売する大ヒット商品になっています。

1810年に5代目・長兵衛が、酒を運ぶ樽廻船の海路安全を願って私費で設置した「今津灯台」は、今も航路標識として使われています。現役の灯台としては日本最古のもので、大関株式会社が運営しているとのこと。

今回の講義会場は大関株式会社。本社工場には、瓶の搬入から洗瓶、瓶詰、品質検査、商品の梱包、搬出までを完全自動化した「ワンカップ大関」の充填プラントがあります。

講義のテーマは「大関きき酒道場」

第3回は「大関きき酒道場」と銘打って、きき酒について学びます。きき酒は、耳・目・鼻・口をフル活用して判断するのだそう。

  • 耳…発泡の音を聞く。
  • 目…色や冴えを見る。
  • 鼻…小刻みに香りをかぎ、香りの強さや性質をみる。
  • 口…酒を口に含み、舌の先から奥へ転がすようにして舌全面で味をみる。

「口から吸いこんだ空気を鼻から抜きながら香りをみたあと、酒を吐き出し後味をみる」という手順で行い、感想や評価を記録します。

テーブルには銘柄がわからないように隠された10本の瓶と問題用紙などが置かれています。順々にプラカップに注いで飲んでいきますが、緊張も相まって判断に悩みました。

これが今回出題された問題。

第1問のアルコール度数は、13度・15度・17度の3種類を度数の高い順に、第2問の甘辛度は、日本酒度−6・+1・+5の3種類を甘い順に並べます。第3問は大吟醸酒・純米酒・本醸造酒・樽酒の4種類をそれぞれ当てはめるというものでした。

約30名の参加者はみんな真剣。迷ってもう一度飲み比べると、さらに悩んでしまうということを繰り返しながら、答えを記入して提出します。ちなみに第3問のきき酒で出題されたお酒は以下のものでした。

  • 「超特撰 大坂屋長兵衛 大吟醸酒」
  • 「純米酒 醴(RAI)」
  • 「上撰 辛丹波(からたんば)」
  • 「上撰 金冠 樽酒」

「きき酒」実践のあとは、日本酒の造りに関する座学です。発酵の仕組みや、発酵と腐敗の違い(人にとって有効なものが発酵で、人にとって害を成したり役に立たないものが腐敗だそう)、清酒の製造過程などについて学びました。

座学の終わりには「灘の酒用語集WEB版」の紹介がありました。灘酒研究会100周年を記念して作成されたもので、製造工程や酒に関する用語が細かく解説されています。

いよいよ正解と成績の発表です。

全問正解は1人のみという難関。満点の方には一級の認定証が授与されました。

私は甘辛度を1か所(2問)間違い、二級の認定証をいただきました。ゆったりとした気持ちで飲む酒もいいですが、緊張感がある真剣勝負の「きき酒」も刺激があって楽しいものですね。

(文/天田知之)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

天田知之

大阪市在住、2013年灘の酒大学卒、日本酒指導師範(菊正宗酒造)。 2005年に飲んだ奈良県の酒に感動し、再び日本酒にどっぷり。 古寺や歴史的建造物、古民家を見るのが趣味であちこちに出かけては酒蔵を巡っています。 勝手に選んだ「近畿100酒蔵御酒飲巡り」を実施中。