日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

女性もたっぷり楽しめて海外の方にも大人気!「郷酒フェスタfor WOMAN in銀座」に行ってきました!

> > > 女性もたっぷり楽しめて海外の方にも大人気!「郷酒フェスタfor WOMAN in銀座」に行ってきました!
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、SAKETIMES編集部です!
みなさん、それぞれの地域に所縁のあるお酒って魅力的だと思いませんか?
地域の特色を色濃く表すお酒、「郷酒」を全国から集めたイベント、「郷酒フェスタfor WOMAN in銀座」にお邪魔してきました!

郷酒フェスタって?

sake_satozake_for_woman_event8 (1)

女性のための國酒の祭典と題された、日本地酒協同組合、郷酒フェスタ実行委員会主催のイベントです。
スローガンは「おいしく、楽しく、美しく」
第2回の今回は全国から30蔵が集結!第1部から第3部までの3部構成で行われました。
(第1部は女性のみ、第2部は女性150名、男女ペア100組、第3部は女性100名、外国人250名)
日本酒をはじめ、スパークリング清酒、梅酒、焼酎など女性と外国人に向けた130種類以上のお酒が振舞われました。

日本地酒協同組合では、郷酒の海外輸出にも力を入れており、昨年、スウェーデン・ストックホルムで開かれたノーベル賞晩餐会に提供されたお酒も加盟蔵の一蔵。
 
トレンドの発信源である女性と
在日外国人の方や、今後の増加が予想される海外からの観光客の方に向けた日本式おもてなしとを合わせ、全国で造られた郷酒を知っていただくことで、地域の活性化を図ることを目的としています。

イベント会場は東銀座にある時事通信ホール

東銀座駅徒歩1分の時々通信ホールにて行われました。

sake_satozake_fes_event (1)

入り口から溢れかえる人の波!

会場に入った瞬間に溢れかえる人の波に圧倒されました。みなさんお目当ての酒蔵を見つけて大興奮。
sake_satozake_for_woman_event6 (1)

sake_satozake_for_woman_event4 (1)

こちらがメイン会場。開場すぐの光景とは思えません!
sake_satozake_for_woman_event5 (1)

魅力的な郷酒の数々

今回は、30蔵156銘柄の日本酒が集まりました!

sake_satozake_for_woman_event22 (1)

その中からお話を聞かせてくださった3蔵の方々をピックアップしてご紹介いたします!

・株式会社 外池酒造店/栃木県

sake_sotozake_fes_event1

栃木の益子で酒を醸す外池酒造店。歴史もありますが、後継者である若手の杜氏さんだからこそできる新しい試みを行っている酒蔵でもあります。日本酒が飲みやすいものであるということをまず知ってもらうために、清酒酵母を使ったリキュールを造っています。その名も「MEAD」。はちみつで造ったお酒です。ミードは、世界最古のお酒としても有名ですよね。

「MEAD」は、爽やかな酸味とフレッシュな甘みが魅力。酸味は発酵過程ででてくる酸、甘みは、はちみつ由来のもの。その自然な素材を活かした味わいは、外池酒造店ならではの味わいです。残念ながら、「MEAD」の発売時期はまだ未定ですが、ラベル造りは済んでいるとのことですので、近いうちにみなさまの前にお目みえできるかと思います。

・栄光酒造株式会社/愛媛県

sake_sotozake_fes_event2 (1)

栄光酒造の酒造りの根底にあるのは、「すべてに納得のいく酒をつくりたい」という信念。その信念のもと、杜氏、蔵人の方たちが培ってきた一徹な技と、高縄山系の懐に湧き出でる「湧ヶ淵」の名水、県産米の最高峰松山三井などの選りすぐった酒米を使用しお酒を醸しています。口当たりは繊細でありながら、味わいの強さも感じさせてくれるお酒です。

・廣田酒造店/岩手県

sake_sotozake_fes_event3 (1)水、米、風土を活かした「手造り蔵」です。蔵付き酵母と、酒蔵のうらの田んぼで獲れた酒米で造るお酒はまさに郷酒!
その中でも結の香は、10年もの歳月をかけて誕生した、岩手県産の大吟醸用酒米を使用しています。
写真は、初の南部女性杜氏の小野さんです。
(SAKETIMESでも、酒器「JOIN」の記事の中で結の香についてご紹介させていただいておりますので、そちらも併せてご覧ください!結の香の味わいについて山口奈緒子さんが解説してくれています。→「限定50個 17万円の高級酒器「JOIN」の魅力に迫る」)

抜群にマッチ!世界の食と郷酒

フレンチGINZANARASHIBAさんから「ズワイガニのカニクリームもなか」。ズワイガニの旨みがなめらかなクリームに相まって、コクのある日本酒がすすみます!スタンドスタイルでも食べやすいのが嬉しいですね。

sake_satozake_for_woman_event19 (1)

ランマスさんからチーズも!酸の効いた日本酒とチーズの相性は抜群です!

sake_satozake_for_woman_event27 (1)

築地すし鮮さんの具沢山太巻き!頬張ると食材の旨みが口いっぱいにひろがります!

sake_satozake_for_woman_event10 (1)

こちらは、地鶏屋 保夜蔓歩さんの「ちまき」。味の染み込んだごはんのもちもち感がたまりません!

sake_satozake_for_woman_event25 (1)

食の國 福井館から福井の名産、さば寿司やへしこも登場!おうちでしっぽり日本酒をのみながらいただきたいですね!

sake_satozake_for_woman_event26 (1)

こちらの可愛らしいパッケージは、白水社乳業からのミルクと糀で作ったおいしい乳飲料「白百糀(ひゃくびゃくこうじ)」。ノンアルコールなので、妊婦さんでも安心して召し上がっていただける身体に優しい飲み物です。

sake_satozake_for_woman_event28 (1)

メインステージでの日本酒情報盛りだくさんのイベント開催

sake_satozake_for_woman_event30 (1)

にほんしゅ漫才や女性蔵人による美容&健康のお酒セミナー、ヴァイオリニスト竜馬さんによるお酒がおいしくなる音楽会、上杉孝久先生による「モテる大人は酒席美人セミナー」など日本酒にまつわるお楽しみ情報満載のステージが行われました!

第1部の郷酒大賞発表!

お客様1名に対し3枚の投票用紙を配布。メインステージに設けられた投票箱にお気に入りの日本酒と酒造名を書いてイベント中に投票していただきます。各部イベントの最後に大賞酒の発表が行われます。
そして、第1部〜第3部を通じ、総票数が最も多いチャンピオン郷酒がイベント終了後に発表されます。
(こちらの記事の最後にチャンピオン郷酒が発表されていますので、ぜひご覧になってくださいね。)

第1部の郷酒大賞3位から1位の酒蔵をご紹介いたします!

第3位 青砥酒造/島根県 「蒼斗七星/神の舞58 木槽しぼり」

sake_satozake_for_woman_event18 (1)

こちらの蒼斗七星/神の舞58 木槽しぼりは、口当たりの優しい、柔らかな酒質。豊かで素朴な味わいが魅力です。

第2位 神戸酒心館/兵庫県 「福寿 純米吟醸」

sake_satozake_for_woman_event15 (1)

きれいで芳醇な味わいの純米吟醸。口に含んだ瞬間に薫る、フレッシュな果実香が魅力です。ブルーのボトルも美しいですね。

sake_satozake_for_woman_event14 (1)

第2位に輝いた感想をおうかがいすると、「日本酒ではうちが1位ですから!」とおどけてくださいました。
こちらの福寿純米吟醸は、インターナショナル・サケ・チャレンジ2009純米吟醸酒部門にて最高金賞を受賞しています。
また、スウェーデン・ストックホルムで開かれたノーベル賞晩餐会において提供されるなど、海外でもたいへん高い評価を得ています。

第1位 梅乃宿酒造/奈良県「あらごし梅酒」

sake_satozake_for_woman_event17 (1)

こちらのあらごし梅酒は果肉入り。日本酒で漬けた梅の実を濾して、梅酒に加えています。甘酸っぱくて濃厚な果実味を楽しめます。

sake_satozake_for_woman_event24 (1)

梅乃宿酒造が日本酒仕込みの梅酒を造りはじめたのは、今からおよそ10年程前。その頃はまだ日本酒仕込みの梅酒は浸透しておらず、全国でも早い段階でその手法を取り入れたのだとか。もともとは果肉なしの梅酒を造っていたそうですが、より味わい深い日本酒仕込みの梅酒を造るため、果肉入りに挑戦。
そして現在の濃厚でまろやかな果実味をしっかり楽しめる日本酒仕込みの梅酒が誕生しました。

お土産で気に入ったお酒が購入可能!

sake_satozake_for_woman_event7 (1)

なんと、会場内で味わったお酒がお土産で購入できるのです!これは嬉しいですね!

会場のみなさまの声をおとどけ!

sake_satozake_for_woman_event16 (1)

「とてもおいしかったです!幸せな時間を過ごせました!福寿おいしいです!」「意外と飲みやすい日本酒が多くて驚きました!おいしくて、思わず笑顔になっちゃいますね!」

sake_satozake_for_woman_event12 (1)

「お気に入りのお酒を買って帰ります!最後に購入して帰れるのが嬉しいです。郷酒大賞に投票した後に、一番好みのお酒を見つけてしまいました・・・・。そちらに投票できず残念・・・。京都の羽田酒造さんの初日の出吟醸木桶仕込みがとってもお気に入りです!」「いろんなお酒を楽しめたことが収穫です!」「日本酒最高です!」

第2部は長蛇の列!

sake_satozake_for_woman_event13 (1)

第2部の盛況具合はこの写真からもう明らかですね。第1部が終了するや否や、第2部を待つお客様が長蛇の列をつくっていました。さらに、第3部は国際人のための英語パートで大盛り上がりだったとのことです!

今回の郷酒フェスタ、なんと、来場者は1,000人以上!40人のサポートメンバーで6ヶ国語に対応!英語対応の所作メンバー、通訳、留学生、お酒好きの実力派が加わりお客様をおもてなし。

第3部のスペシャルゲストは、安倍昭恵総理夫人と若の里関だったのだとか。とても豪華ですね!

第1部〜第3部の郷酒大賞の集計結果は以下のとおりです。

1位 神戸酒心館(兵庫県) 福寿 純米吟醸
2位 高木酒造(高知県) 豊能梅 龍奏
3位 吉田酒造(福井県) 白龍 純米大吟醸

4位 梅乃宿酒造(奈良県) あらごし梅酒
5位 青砥酒造(島根県) 蒼斗七星/神の舞58 木槽しぼり
6位 冨士酒造(山形県) 純月
7位 喜久水酒造(秋田県) 喜一郎の酒
8位 田嶋酒造(福井県) PURE RICE WINE
9位 大和川酒造店(福島県) 純米大吟醸 いのち
10位 本家松浦酒造場(徳島県)上勝の棚田米と湧き水と負けん気でこっしゃえた純米吟醸原酒

笑顔の溢れる会場で、おいしいお酒と出会える郷酒フェスタ。
来年5月にまた開催されるとのことですので、みなさま、ぜひ足を運んでみてくださいね!

 

【関連】10月5日(月)は大宮ソニックシティに集合!第12回「埼玉35酒蔵大試飲会」が開催されます!
【関連】【参加者募集】大好評の「奥能登酒蔵学校」が10/3に新橋で開催!

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは日本酒を中心とした日本文化のメディアサイトです。専門的な知識から、クスっと笑えるエンタメまで幅広く面白い情報を毎日お届けします!