日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

アイスクリームを”大人のビタースイーツ”に変える日本酒とは…!?

> > > アイスクリームを”大人のビタースイーツ”に変える日本酒とは…!?
このエントリーをはてなブックマークに追加

季節問わず、いつ食べても甘くて美味しいアイスクリーム。そんなアイスと相性の良い日本酒があります。それは……「古酒」です。

ですが、そもそも「古酒」とはどういったお酒なのでしょうか。

アイスクリームに合う日本酒”古酒”とは

古酒に明確な規定は設けられていません。清酒製造業界では、酒造年度内に造られた日本酒を”新酒”というのに対して、前年度に造られたものはすべて”古酒”と呼びます。一方で、長期熟成酒研究会では「満3年以上蔵元で熟成させた、糖類添加酒を除く清酒」を”熟成古酒”と定義しています。市場で出回っている古酒は、入手しやすいもので3~5年熟成、高級なものでは10年以上熟成させたものもあります。

清酒は貯蔵されることによって香り成分が変化します。清酒にとって悪い環境、たとえば温度変化の激しい場所や光の当たる場所に置くと、不快感のある劣化臭が生じてしまいます。しかし、計画的に長期貯蔵すれば、心地のよい熟成香になります。

この熟成香の中には、ソトロンという成分が含まれています。ソトロンは、微量でもカラメルのような香りがしますが、濃度によってバニラやハチミツ、黒糖、カレーの香りに変わります。この香り成分があるため、バニラアイスクリームにかけるとほんのりビターなキャラメルのような味わいを感じることができるのです。

アイスクリームにぴったりな古酒​

画像左、ダルマのマークが特徴的な古酒は、その名もまさに「アイスクリームにかけるお酒」。古酒「達磨正宗」を造る岐阜・白木恒助商店の商品です。このお酒は2種類あり、2017年1月現在発売している「ライト」は平成10年醸造の貴醸酒、「ヘビー」は1972(昭和47)年と1977(昭和52)年に醸造された2種類をブレンドしているそうです。

つづいては、「玉川」を造っている京都・木下酒造の「Time Machine」。この商品は3年間寝かせ、通常4年目に出荷しているとのこと。名前は昔ながらの製法「生酛造り」で造っていることに由来しているそうです。

左側の「Vintage」は、原材料の一部に赤米を使用。右側の「1712」はアルコール分14%程度のお酒です。そして Time Machine にはこの2種類だけでなく、さらにもう1種「88」という商品があります。この「88」は原料米が88%精米、アルコール分8.8%と数値がそのまま商品名になっています。

もちろんこれらの商品は、そのまま飲んでも古酒の味わいたっぷりで美味しいです。しかし今回はあえてデザートとして試しました。

甘いアイスクリーム×甘いお酒でビターな大人スイーツに!

バニラアイスクリームはスーパーで売られているような普通のアイスクリームを用意します。特に高級なものでなくても十分です。そこへお猪口1杯くらいの古酒をかけます。

そして下の写真ぐらいアイスが溶けるのを待ってから一口。

口に入れたときに感じるキャラメルのような香ばしい蜜の香りと甘さ。少しほろ苦い感じもあり、まさに大人のデザートという感じです。

「酒飲みだから甘いものはちょっと」という方や「日本酒はあんまり好きじゃないのよね」という方でも楽しめるのが、古酒とバニラアイスクリームのペアリング。ぜひ、お試しください。

(文/あらたに菜穂)

<関連商品>

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

あらたに菜穂

1980年代の地酒ブーム以前から酒販店さんと全国の酒蔵をまわり、地酒を扱ってきた父の影響を受け小さい頃から日本酒に囲まれて育つ。やるとなったらとことんやる性格のため毎年、仕込み時期の酒蔵に数日修行へ。日本酒と焼酎の唎酒師ではあるが自分の味覚と嗅覚に絶対の自信を持つために酒類総合研究所の清酒官能評価者になるまで唎酒師を名乗らないことにしている。