こんにちは!きき酒師&日本酒学講師の稲田夕佳です。
観光、出張、お買い物ついでにふらりと立ち寄れて、ついつい新幹線の時間を忘れてしまいそうになる博多駅(福岡)の角打ちスポットをご紹介します!

「酒に笑う人生」をテーマに掲げる「九州の酒と食 博多 住吉酒販」

2014年3月、福岡の博多駅筑紫口側デイトス1階にオープンした「九州の食と酒 博多 住吉酒販」。
「酒に笑う人生」をテーマに掲げる住吉酒販が運営している人気店で、観光客や出張客、地元の常連さんなど、たくさんの人が訪れます。
sake_g_hakata_iiyoshi_1

花札3枚で、九州の日本酒4種をイロハニ枡で飲み比べ!

賑わう駅構内で、隠れ家的な雰囲気を漂わせる素敵なお店。
sake_g_hakata_iiyoshi_2
中に入ると、九州のお酒がズラリ!常時80種類以上の品揃えは、さすが酒販店です。
sake_g_hakata_iiyoshi_3
お店の一番奥の角打ちコーナーに立つと、花札が10枚配られます。といっても花札が始まるわけではなく、この花札でお酒とおつまみを注文できるんです。1枚300円(税別)で、注文ごとに花札を出していきます(600円のおつまみなら札2枚という感じです)。そしてお会計のときに、出した枚数分の料金を支払うシステムです。注文をするとき、札をサッと出すだけでいいので、とてもスムーズ
sake_g_hakata_iiyoshi_4
たとえ酔っていても、これなら計算しやすいですね。

しかも!指定された札2枚がどちらも入っていたら1杯サービスという
お楽しみ企画も用意されていて、ワクワク感が高まります。

さっそく飲んでいこうと思いますが、いろいろ試飲したい方には、名物の「イロハニ枡がオススメです。
札3枚で、九州の日本酒4種がたっぷり飲み比べできます!モダンタイプを2種、クラシックタイプを2種楽しめるのですが、これは住吉酒販独自の分け方だそうで、とても興味深いです。枡の4つの側面それぞれにイ・ロ・ハ・ニと表記されてあり、4つのお酒が置かれていきます。

イのお酒はイの位置の酒器、ロのお酒はロの位置の酒器・・・というように注がれるので、今どのお酒を飲んでいるのか一目瞭然!飲み比べをもっと楽しくする粋な心配りに感謝です。
sake_g_hakata_iiyoshi_5
いろいろと飲み比べをして、今日もお気に入りのお酒を発見。
新しい美味しさとの出会いは、心が躍りますね。

イメージワードでオーダー!九州の食と合わせて

実はこちらのお店のメニュー表には、日本酒の銘柄が書かれていません!
「さわやか」「すっきり」「はなやか」などのキーワードが書かれていて、気になるワードをスタッフさんに伝えると、ピッタリの1杯を選んでもらえるんです。

相性の良いおつまみも教えてもらえて、至福の時間を楽しめます。
「博多丸天」「五島の水いかの一夜干し」「うるか(大分県産鮎の塩辛)」など、九州の美味が盛りだくさん!実際に住吉酒販の方が現地に赴いて選んだ逸品ばかりなので、お酒との相性が最高です。
sake_g_hakata_iiyoshi_7

sake_g_hakata_iiyoshi_6酒器もお皿も、佐賀県の唐津焼きというこだわりぶり。
ぬくもりを感じる素敵な風合いです。
sake_g_hakata_iiyoshi_8博多駅にいながら、九州を旅しているような感覚
ついつい長居してしまいます。

気軽に立ち寄れる場所で、九州の酒文化を発信!

お店に訪れるたびに感じるのは、スタッフさんたちの日本酒愛です。
店内すべての銘柄を飲み、その味わいを知り尽くしているとのこと!
来店される方々の好みや気分に合う最高の1杯、そして相性抜群のおつまみを提案する姿が印象的です。

「それぞれの日本酒の物語や、食との相性を知って飲んでいただくことで、お酒のある時間をもっと楽しんでいただけると考えています。博多駅という場所にあるので、たまたま通りかかった方や、日頃は酒販店に行かないという方にも気軽に立ち寄っていただき、日本酒の魅力を知っていただけると嬉しいです。」と店長の松窪一人さん。
sake_g_hakata_iiyoshi_9博多駅という場所柄もあり、蔵元さんが立ち寄ることも多いそう!
まさに九州の酒文化発信基地ですね。

九州の酒と食を堪能した後は、酒販店さんなので、そのままお酒を購入できます。

今日出会えた“お気に入り酒”を買って、またもう一度乾杯を。至福の時間は続くのです。
sake_g_hakata_iiyoshi_10

◎「九州の酒と食 博多 住吉酒販」
http://sumiyoshi-sake.jp/shop_hakata
住所:福岡市博多区博多駅中央街(JR博多駅 博多デイトス1F)
TEL:092-473-7941
営業時間:8:00〜21:00(L.O.20:00)
年中無休

【関連】長野の地酒の伝道者! 四谷三丁目「日がさ雨がさ」店主・宮澤一央さんの熱い想い
【関連】駅ナカでちょっと飲みたい気持ちを満たす「はせがわ酒店 東京駅GRANSTA店」

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES