日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

駅ナカでちょっと飲みたい気持ちを満たす「はせがわ酒店 東京駅GRANSTA店」

> > > 駅ナカでちょっと飲みたい気持ちを満たす「はせがわ酒店 東京駅GRANSTA店」
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!テイスティング専門家の永木三月です。

今回のテーマは「駅ナカで楽しめる日本酒」。
東京駅の駅ナカ「GRANSTA」内の「はせがわ酒店に行ってきました。先日オープンして8年を迎えた、駅の日本酒スポットは、どのようなところなのでしょうか?
いただいたお酒やツマミを含め、その様子をお伝えします!

日本酒をサクっと楽しめる駅ナカ日本酒バー「はせがわ酒店 GRANSTA店」

東京駅の構内にある「GRANSTA」。レストランからスイーツショップまで、60を超えるショップが立ち並ぶショッピングモールで、東京を代表するターミナル駅ならではのお店や品揃えが特徴です。

「はせがわ酒店」は、「GRANSTA」の地下にお店を構えます。お酒や酒器、ツマミなどを取り扱う販売店と、立ち飲み込みで席数10人前後の小さな日本酒バーが併設されており、日本酒を、少量・短時間から楽しめるスポットとして、平日も夕時から賑わっています。

sake_g_hasegawasaketen1

ここでしか飲めない東京駅限定の吟醸酒

平日の夜、ちょうど仕事終わりの人で賑わっている時間帯。日本酒バーの方に伺ってきました。
到着したときには満員でしたが、短時間でお店を出るお客さんがほとんどのため、回転は早いです。
日本酒は90mlのグラスでの提供が主ですが、やや値段が高めの吟醸酒などは、その半分の量でも提供があります。

いただいたのは、東京駅ラベル 純米吟醸と、店員さんお勧めの「貝柱の粕漬け」。
東京駅ラベルの吟醸酒は、埼玉県の麻原酒造のお酒とのこと。
フルーティな吟醸香もありますが、そちらは比較的穏やかで、お米の主張を強く感じる香りです。
味わいはコクのある辛口ですが、ぐいぐい押してくるほどではなく、フラットな余韻ですっきり飲めます。

sake_g_hasegawasaketen3

sake_g_hasegawasaketen2

ちなみにグラスの底に映った青い蛇の目模様は、コースターに印刷されたものが透けて見えているという仕掛けです。グラスでも日本酒定番の酒器で飲んでいるような気分が味わえる、面白い演出です。
貝柱の粕漬けは、干した貝柱の濃厚な甘味とクリーミーな酒粕がよく合った良品で、いただいた吟醸酒とも相性抜群でした。

sake_g_hasegawasaketen4

隙間時間にピッタリの日本酒スポット

sake_g_hasegawasaketen5
場所柄、ゆっくりと過ごす所ではありませんが、お酒もツマミも良いものが揃っていて、短い時間でもきちんと日本酒を楽しめました
また、販売店も東京駅ならではの品揃えが良いです。以前紹介したような小瓶の日本酒なども充実しており、ツマミの販売もあります。 旅の合間はもちろん、仕事終わり等のちょっとした時間を楽しみたい人に、ぴったりのお店ではないでしょうか。

この記事は、テイスティング専門家の永木三月がお届けしました! みなさんの、さらに豊かな日本酒ライフに貢献できれば幸いです! 「おもしろそう」「おいしそう」、そう思ったら、シェアしてもらえると嬉しいです!

 

はせがわ酒店 GRANSTA店

住所
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1
JR東日本東京駅構内B1

営業時間
7:00-22:00(月-土)7:00-21:00(日)
試飲BAR営業:営業時間と同じ

定休日
無休

【関連】【これであなたも日本酒通(ツウ)!?】日本酒に使える香りの表現5選
【関連】日本が誇る万能調味料、酒粕で作るおつまみレシピ!

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

永木 三月

テイスティング専門家として活動中。ライターとしての活動の他、「おいしいもの味覚鑑賞会」という食べ比べの会を開催しています。 日本酒はもちろん、日常を支える家庭料理の楽しみから高級レストランの味わい深さまで、あらゆる食の楽しみを伝えるべく日々活動しています。

ウェブサイト