日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

剣菱 黒松剣菱 (剣菱酒造株式会社/兵庫県神戸市灘区)

> > > 剣菱 黒松剣菱 (剣菱酒造株式会社/兵庫県神戸市灘区)
このエントリーをはてなブックマークに追加

500年以上、歴史の表舞台に立つ酒蔵

日本酒好きでなくとも「剣菱」の名を知らない人は少ないのではないしょうか。灘五郷の御影郷に本拠を構える蔵元で、酒処・灘でも屈指の老舗蔵といえるでしょう。永正2(1505)年以前から、現・剣菱酒造の稲寺屋が伊丹で創業しています。しかし、「剣菱」の名称は古文書などでも見当たらず、江戸時代後期の文筆家・頼山陽が「江戸で評判になるにつれ、江戸の人々が剣菱と呼称し、結果として商標名になった」と古文書に記しているとのこと。創業から300年以上、どのような名称で呼ばれていたかは今も謎のようです。

「下り酒」として江戸で大人気!赤穂浪士の出陣酒に

剣菱のシンボルとなっているロゴマークは創業以来のもの。ロゴマークの上部は男性、下部は女性の象徴とされ、酒を飲むことでめでたい兆しを感じ、霊気と酒魂によって家運繁盛を願う意味があるとのことです。江戸時代は「下り酒」として江戸で大人気に。歴史を追うだけでも、赤穂浪士が討ち入りの出陣酒として呑んだり、8代将軍・徳川吉宗の御膳酒に指定されたりと、そうそうたるものです。

たびたび廃業の危機に見舞われましたが、五家により「剣菱」のバトンは受け継がれました。昭和初期に灘へ酒蔵は移り、“灘の剣菱”としてスタートします。空襲で蔵が焼失したり、阪神・淡路大震災で木造7蔵がすべて倒壊したりするなど危機的な状況を経験しましたが、蔵の中から使える道具を集め、残った蔵に酒造りの全機能を集中させ、酒造りを従来通り行います。灘の大手ではありますが、三増酒や二級酒をかたくなに造らなかった、あくまで酒質にこだわる蔵として定評があります。

伝統を守りお酒は瑞穂の琥珀色

剣菱の樽酒は、祭事や弔事において定番の一品。そして、今回紹介する「黒松剣菱」もお正月やお祝いごとで、日本酒ファンの方が飲むお酒として重宝されるでしょう。アルコール添加のお酒ですが、ほのかに琥珀色をしています。「過度な濾過を行わず、米の旨みをしっかりと引き出す」。剣菱が500年の間、守り続けているモットーです。

香りはまったりとした穀物香。口に含むと濃厚な水あめのような香りを感じ、米の旨みや甘味、コクを舌の全面に感じます。そこに控えめな酸や渋みなど複雑な旨みも絡まりますが、アルコールはあまり強く感じません。どっしりとした、けれんみのない男酒です。適度な熟成感も感じられます。

燗にすると、骨太な感じがこなれてポチャッとした印象になり、よりおおらかでゆったりした酒に変身。熱燗にしても味が飛ばないので、照り焼きやすき焼き、モツ煮込みなどの肉料理全般に合いそうです。塩辛い珍味にも良いでしょう。江戸期の人々はこれに近いお酒を飲んでいたのかと想起させるような、剣菱の伝統とこだわりを確かに感じる逸品です。
 

関連カテゴリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは、国内最大の日本酒専門ウェブメディアです。専門用語の解説や商品レビュー、酒蔵案内、イベント情報など、さまざまな日本酒情報を日々お届けしています。