日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

無想 純米吟醸生原酒 (大洋酒造株式会社/新潟県村上市)

> > > 無想 純米吟醸生原酒 (大洋酒造株式会社/新潟県村上市)
このエントリーをはてなブックマークに追加

新潟最北の地・村上の銘醸蔵

新潟県最北の村上市にある大洋酒造。蔵のそばには新潟の代表的な酒蔵、〆張鶴の宮尾酒造もあり、その名前に隠れてはいますが、確かな歴史と美酒を醸し続けています。

村上地域一体の14の古い酒蔵が、戦前の政府の発令による統廃合の波に飲み込まれます。その後1945年、戦後の苦境を乗り切るために、14蔵が合併して創業したのが大洋酒造株式会社です。当時の会社名は下越銘醸株式会社で、酒名は「越の魂(こしのたま)」でした。5年後に現在の社名に改名し、銘柄「大洋盛」となりました。現在は約2000石を生産しています。

蔵の営業マンが副杜氏として初めての責任醸造

この「無想」は蔵人が栽培した県産米「越淡麗」を57%まで磨いた純米吟醸酒で、今年6月に登場した新しいブランドです。醸造責任者は、もともと営業担当だった平田州さん。27BYから副杜氏として造りに入ってから、責任醸造として初めて醸した無濾過生原酒です。「無想」のコンセプトは造りに入る前からあったのだそう。

大洋酒造の販売は問屋経由が中心でしたが、「無想」では東京の有力酒販店を中心に営業をかけ、特約店との直取引の形を取りました。27BYは村上、東京、札幌の10店舗で販売しています。

大きな可能性を感じさせるフルボディ酒

sake_musou_1

開栓すると、麹香のほかバナナやメロン香がほのかに漂います。口に含むとピチピチした躍動感があり、きれいかつ太い酸が舌にドカンとぶち当たってきます。そのあとに越淡麗由来の甘味、旨みが弾けるようにおどります。正直、まとまりに欠ける感もありますが、元気いっぱいの呑んでてワクワクするような勢いがあります。荒削りで完成されていない、しかし大きな可能性を感じるお酒です。また、これを呑んで”新潟のお酒”と感じる方は少ないのではないでしょうか。「今は酸を出すタイプが多いですが、乳酸系や白麹などのクエン酸系の酸味ではなく、新潟酒らしい、しっかりした米の発酵からくるリンゴ酸系の味を出せた」と平田さんは語ります。

越淡麗を山田錦と並ぶ酒米の王様に

sake_musou_2

地元消費や郷土料理(村上は鮭料理が有名)に合わせるなら、同蔵の従来のレギュラー酒で良いのに、どうしてこのような、新しいアプローチのお酒を出したのでしょうか。

実は、 蔵のある村上市に、京都などで修業した若手料理人が戻ってきているといいます。次の世代が新しい郷土料理を生み出す、そこに「次世代の地元酒で刺激を与えたい」というのが第一。さらに平田さんは「越淡麗という新潟のお米を全国に知らしめたい」とも話します。越淡麗の開発にも同蔵が深く関わっていて、従来の県産米と比較してジューシーな旨みが出るという越淡麗を、山田錦や雄町に並ぶ酒米にしたいという夢もあるのだそう。

sake_musou_0

また、「無想」は平田さんの兄・大さん(現・朝日酒造勤務)開発に携わった新潟酵母を使用、さらにラベルは姉・星(せい)さんが揮毫という、平田家の結晶でもあります。文字のドットがすべて星になっているところが粋ですね。「無心で酒を造る」という意味が込められたこのチャレンジ酒。今回はタンク1本分で一升瓶換算約1500本の販売でしたが、28BYはタンク2本以上を計画し、直汲み・無濾過生原酒・一回火入れなどのバリエーションを発売予定だそう。

現状では賛否両論ある酒質かもしれませんが、それは平田さんも承知の上。「まだまだ未完成ですが、3年をめどに完成形に持っていきたいです」と平田さん。呑み逃した皆さん、28BYに期待しましょう。

関連カテゴリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは日本酒を中心とした日本文化のメディアサイトです。専門的な知識から、クスっと笑えるエンタメまで幅広く面白い情報を毎日お届けします!