日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

長野の酒蔵&酒販店ユニットが地元酒を応援!「信州醸熱タンクシリーズ 和和和」の第二弾を発表!

> > > 長野の酒蔵&酒販店ユニットが地元酒を応援!「信州醸熱タンクシリーズ 和和和」の第二弾を発表!
このエントリーをはてなブックマークに追加

長野の地酒をアピールするために昨年から始まった「信州醸熱タンクシリーズ 和和和」の2年目のお酒ができあがりました。

「信州醸熱タンクシリーズ 和和和」は長野県の有力酒販店3軒が連携して、個性的で魅力のある日本酒を地元の酒蔵に造ってもらい、それをタンク1本まるごと買い取ることで、地元酒を応援する取り組みです。

企画に携わったのは酒舗清水屋(小海町)の小山英浩さん、地酒屋 宮島酒店(上田市)の宮島国彦さん、酒乃生坂屋(千曲市)の若林数矢さんの3人。そして、彼らの求めに応じてお酒を醸したのは古屋酒造店(佐久市)の蔵元杜氏・荻原深さんです。

sake_g_shinshu_wawawa2_1 (1)

酒販店と蔵元がタッグを組み、魅力あるお酒を造る

信州醸熱タンクシリーズは酒販店と蔵元が語り合うなかで「長野の酒をもっとメジャーにしたい。蔵元に魅力あるお酒を造ってもらい、それを3店で売り切る」ことを趣旨にしています。その彼らの想いを伝えるメッセージがすごいのです。

熱く醸す。それが、醸熱(じょうねつ)。
その酒を、タンク丸ごと情熱で伝える。
ならば、熱く喰らおう!その酒を。
「冷やでもヤケドするぜ!」

sake_g_shinshu_wawawa2_2 (1)

1年目はそんな4人の熱い思いが見事に伝わって、3回に分けて出荷した活性生酒、無濾過生原酒、一回瓶火入れ酒のいずれもあっという間に完売となりました。

そして、2年目は酒販店主3人の想いを酒に反映させるのではなく、蔵元の荻原さんに「古屋酒造店が市販している深山桜とは一線を画して、純粋に熱い思いで新しい造りに挑戦してほしい。仮に値段の高いお酒になっても3軒で売り切るから」と頼んだのです。

荻原さんはあれこれ考え「じゃあ、思い切りいい酒を造りたい。蔵としてやったことがない純米大吟醸はどうか。酒米はひとごこちを使い、精米歩合49%で」とアピールしました。

sake_g_shinshu_wawawa2_3 (1)

2016年第1弾は活性生酒!

お酒は2月半ばに仕込みを始め、3月中旬に搾りました。「純米大吟醸だから、香りも出てほしいし、甘味もきれいになってほしい」との想いから、荻原さんは麹造りから酵母の調整までいろいろ悩みました。

今年は全体的に米の状態を把握するのに苦労し、搾る直前まで不安だったそうです。けれども、できあがったお酒を飲んでみて「搾ったばかりだから荒々しさは残っているものの、爽やかな甘味がしっかりとあって、後口の切れもよくてほっとしました」と荻原さん。

お酒は昨年同様、搾ったばかりのお酒を「活性生酒」として3月中に出荷。続いて4月下旬に「無濾過生原酒」として、秋口に「一回瓶火入れ」として出荷します。第1弾の活性生酒を飲んだ感想を3店主にお聞きしました。

「個人的には上出来だと思います。香りのバランス、後の余韻もよかった。満足でした」(酒乃生坂屋/若林さん)

「もともと、荻原さんの特定名称酒に感じているみずみずしさのイメージが強く、非常にクリアな品のいい味わいでした」(酒舗清水屋/小山さん)

「味わいと価格のバランスがよかった。第2弾、第3弾への期待が膨らみました」(地酒屋 宮島酒店/宮島さん)

一升瓶350本の純米大吟醸を3軒で売り切る!

前回と同様、「信州醸熱タンクシリーズ 和和和」は一升瓶換算で350本のお酒ができあがるので、それを3軒で売り切らなければなりません。昨年は純米吟醸で値段もお手ごろでしたが、今回は純米大吟醸なので値段も高く売り手としてはハードルが高くなりますが、そこはやる気のある3店主。すんなりと蔵元の提案を受け入れました。

sake_g_shinshu_wawawa2_4 (1)

活性生酒の発売には、蔵元の荻原さんもお店の店頭に立ち、いらっさyったお客さんと交流しながら造り手の思いを伝えていました。

また、宮島さんは「純米大吟醸というと高級感があるのでよそ行きのイメージを持つ人が多いのですが、それが活性生酒で飲めるというので反響が大きかったですね」と話しており、第1弾の活性生酒は発売後約2週間で完売しました。

そして、この取材をさせていただいた時期に第2弾の無濾過生原酒が出荷直前ということもあり、蔵にて、全員で試飲させていただきました。すると、3店主は思わず声をそろえて「これは最高!ありがとう!」と荻原さんと喜びの握手を交わしました。甘味と旨味のバランスの良さ、酸味と渋味の寄り添い方、いずれも完璧な仕上がりにうっとりしました。

sake_g_shinshu_wawawa2_5 (1)

搾ったお酒は全体の2割を活性生酒で売り、残りは無濾過生原酒と一回火入れ酒を半々で出荷するそうです。秋の一回火入れのお酒も今からとても楽しみです。

販売価格については、「原価と適正な利益率を考えると一升瓶で4,000円を超えてしまいそうだが、そこは我々の情熱を吹き込んで4,000円にならないようにしよう」と3人は決意。結局、3,600円(税抜)に落ち着きました。お値打ち価格ですね。

「マンネリにはしない」 醸熱タンクシリーズの展望

3店舗の店主は「企画がマンネリに陥っては意味がない」と、今回の古屋酒造店との連携も「3年から5年が経過したら終わりにします」と言い切ります。それまでに、醸熱タンクの造りで蓄積した経験を、古屋酒造店の市販酒に生かし、大きく羽ばたいていってほしいと願っています。それが実現したら、次の酒蔵を応援対象に選んで次のバージョンの醸熱タンクシリーズに取り組む構えです。

sake_g_shinshu_wawawa2_6 (1)(左から、宮島さん、若林さん、荻原さん、小山さん)

長野のお酒を日本全国に!そして世界に!という彼らの熱い想いでしびれそうな一日でした。

(文/空太郎)

【関連】長野の酒販店有志3店舗がタンク1本まるごと買い取り、地元酒を応援!
【関連】名水の地は美酒の地!都内から日帰りで酒蔵巡りができる千葉県君津市久留里をご紹介
日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

空太郎

日本酒指導師範(菊正宗認定)&酒伝道師です。1年365日、日本酒を飲んでいます。10人未満で丁寧にお酒を醸す銘酒小蔵がたくさん存在することが、日本酒の多様性と魅力を維持するのには欠かせないと思っています。そんな酒蔵の活動や、それを応援する酒販店や居酒屋の動きをお伝えしていきます。