みなさんは、どこかでおいしい日本酒を飲んで、次の機会にまた同じ日本酒を頼んだはずなのに違う味わいだったという経験はありませんか?
実は日本酒は同じ銘柄名に対していくつか種類がわかれているのです。

今回はその日本酒の種類をご説明します!

1. 日本酒は1つの銘柄に対していくつも種類がある

sake_tokuteimeisho_1

日本酒は、同じ銘柄でもたくさんの種類があります。居酒屋などに行って日本酒を注文しようとすると同じ銘柄なのに数種類メニューに書かれていて、どれがどれだかわからない、という経験は無いでしょうか?

例えば、有名な八海山という銘柄の中にも「普通酒」「特別本醸造酒」「吟醸」「純米吟醸」・・・など、さまざまな種類があります。ですので、みなさんが同じ味の八海山をもう一度飲みたいと思っても「八海山」の「普通酒」なのか「特別本醸造」なのかまたはそれ以外なのか、銘柄名に加えてそれがどのような種類の日本酒だったのかを覚えていなければ、まったく同じ味の八海山は飲むことができません。

たしかに、銘柄ごとに味の傾向は似ていますが、種類が異なってしまうと全く違う味わいになるのです。八海山の「発泡にごり酒」と「普通酒」、字面を見ただけでもこの2つは全く味わいが異なりそうだな、ということはご想像に容易いのではないでしょうか。

複雑な部分ではありますが、同じ銘柄でも種類が存在するということは当分変わらない制度だと思いますのでしっかり理解しておきましょう。

 

2. それらの種類が決まる2つのポイント

sake_temperature1

では、1. でご紹介した銘柄名の次に続く「種類」はどのようにして決まるのでしょうか?

主に2つポイントがあります。

 

・純米酒か、そうではないか

1つめのポイントが純米酒か、そうではないかという点です。
日本酒はお米から造られるお酒ですが、日本酒の中にもお米だけを使って造られたものと、少しだけ「醸造用アルコール」という日本酒を造る過程では生まれないアルコールを添加しているものがあります。
このアルコールの添加された日本酒はイコール粗悪な日本酒というわけではありません。アルコールを少し添加するだけで香りがより華やかになることや、味わいの調節するという役割を持っています。ですので、アルコールを添加していると言っても、味や香りのバランスを良くするための技術なのです。

 

・お米の削り具合

そしてもう1つのポイントがお米の削り具合です。
日本酒を造るとき、ある程度お米を削ってから造られます。その削り具合を精米歩合などと呼ぶのですが、よく日本酒のラベルに「山田錦50」などの文字を見かけませんか?この50という部分が、精米歩合を表しています。50というのは50%のことで、文字通り玄米の状態から「半分」も削って造られていますよという意味なのですね。一般的に、お米削りより中心に近い部分を使うことで、雑味のないよりスッキリした味わいになると言われています。
ちなみに、普段食べている白米の精米歩合は約90%で玄米の状態から10%しか削っていない状態ということになります。日本酒の場合はご飯で食べる白米よりも削って造られることの方が多いですね。

 

3. どんな種類がある?

基本的には特定名称酒と普通酒に分かれています。
特定名称酒は2. であげた「純米酒か、そうではないか」「お米の削り具合」によって細かく分けられたもので、普通酒はそれ以外のお酒ということになります。

特定名称酒については、以下のように分けられています。

特定名称原材料精米歩合
吟醸米・米麹・醸造アルコール60%以下
大吟醸米・米麹・醸造アルコール50%以下
純米米・米麹規定なし
特別純米米・米麹60%以下
または特別な醸造方法
純米吟醸米・米麹60%以下
純米大吟醸米・米麹50%以下
本醸造米・米麹・醸造アルコール70%以下
特別本醸造米・米麹・醸造アルコール60%以下
または特別な醸造方法

また、日本酒の種類にはこの他に「にごり具合」と「発泡性かどうか」、また「加熱処理(火入れ)の仕方」によっても種類が枝分かれしていきますが、まずは今回説明したポイントをおせえておけばOKです。

 

以上です!

同じ銘柄にもたくさんの種類が存在していたなんて、びっくりしましたか?すこし面倒かも知れませんがおいしい日本酒をもう一度飲みたいと思った場合には「銘柄名」に加えて「種類」は何だったのか(例:「八海山」の「純米吟醸」)を覚えておくと良いでしょう。

 

関連記事