日本酒ボトル缶の商品化から販売促進までを行う日本酒ボトル缶商品化サービスCAN-PAI プロジェクト」(運営:大和製罐株式会社)は、「SDGs de 地方創生カードゲーム大会」を11月26日(火)に実施します。

それに伴い、日本酒を好きな方や日本酒業界に関わる方、「SDGsカードゲームを開催してみたい」と興味を持った企業様からのお問い合わせ受付を開始しました。

日本酒とともに目指す、持続可能な社会

SDGs

SDGs de 地方創生」とは、SDGs(持続可能な開発目標)の考え方を地域の活性化に活かし、地方創生を実現する方法について参加者全員で対話し、考えるためのカードゲームです。最近よく耳にするSDGsですが、実際に身近でできることはなんでしょうか。

「SDGs de 地方創生カードゲーム大会」の様子

そんななか、SDGsカードゲームの公認ファシリテーターが、社内外のみなさんとゲームを通してSDGsについて考えるイベントを開催します。

日本酒ボトル缶で日本酒市場の活性化に貢献するべく活動している「CAN-PAIプロジェクト」。日本酒とともに目指す持続可能な社会を、「CAN-PAIプロジェクト」とともに語り合いましょう。

「SDGs de 地方創生カードゲーム大会」のファシリテーター

公認ファシリテーター

日本酒を好きな方や日本酒業界に関わる方、「うちの会社でもSDGsカードゲームを開催してみたい」と興味を持った方は、ぜひお問い合わせください。全国各地にお伺いすることが可能です。また、予備知識は必要ありません。

「CAN-PAI プロジェクト」とは

「CAN-PAIプロジェクト」は、日本酒ボトル缶を使った商品化をサポートするサービスを提供しています。最小ロットは1,000Lで、酒蔵様は充填ラインの初期投資や資材の手配、在庫管理をせずに日本酒ボトル缶の商品化が可能です。

縮小傾向にある国内の日本酒市場ですが、国内はもちろん、海外も含めた日本酒市場の更なる活性化に貢献したいという思いで活動を行なっています。

新しい日本酒の楽しみ方をつくる「日本酒ボトル缶」

いま、日本酒の容器として注目されている日本酒ボトル缶。そのリシール性は飲酒量の調整を、軽さは携帯性を、見た目の愛らしさはワクワク感を提供します。ひとりひとりに合った飲酒シーンへの適応を実現することで、日本酒をより身近なものに。日本酒初心者の方からベテランまで、新しい日本酒の楽しみ方を創り出します。

大和製罐のボトル缶日本酒

また、特徴は機能性にも。日本酒に含まれる成分は、ある特定の波長の影響で独特のにおいを生じることがありますが、日本酒ボトル缶のアルミは遮光性に優れているため、光からお酒を守ります。薄く加工されたアルミは熱伝導も高く、短時間で温めたり冷やしたりできるため、手軽に飲み方のバリエーションを広げることが可能です。

◎お問い合わせ先


この記事は、リリース情報配信サービス「SAKETIMES PRESS」を利用しています。

「SAKETIMES PRESS」は、新商品・イベント開催・新店舗オープンなど、日本酒にまつわる新規情報を掲載するサービスです。必要事項を入力していただくだけで、SAKETIMES編集部で簡単なニュース記事を作成します。公式SNSでの情報拡散も行うため、多くの日本酒ファンへの訴求が期待できます。広報や集客に、ぜひお役立てください。

「SAKETIMES PRESS」には3種類のプランがありますので、ご要望やご予算に応じて、使い分けることができます。

1)SAKETIMES PRESS(無料)

文字数は400字以内、画像は1点のみのシンプルな記事を配信します。まずはこちらからお試しください。
SAKETIMES PRESS詳細

2)SAKETIMES PRESS Pro(有料)

無料版の「SAKETIMES PRESS」よりも、文字数・写真点数の制限を大幅に拡大しました。動画の挿入も可能で、さらに訴求力の高い記事を配信することができます。
SAKETIMES PRESS Pro詳細

3)SAKETIMES PRESS English(無料)

英語版SAKETIMESの「Weekly News」に無料掲載します。日本語で申請いただいた情報を、英語に翻訳し配信します。(審査有)
SAKETIMES PRESS English詳細

※ご留意事項

  • いずれのサービスも、一般的な記事に比べると簡易なもので、個別の取材などが入ることはありません。
  • 配信可否は社内審査に基づいて決定され、記事化を約束するものではありません。
  • 申請の原文がそのまま記事化されることを保証するものではありません。
  • 審査基準は公開しておりません。

詳細:日本酒メディアSAKETIMESを運営するclear、誰でも無料でSAKETIMESでのリリース情報の配信が可能になる「SAKETIMES PRESS」を開始!