日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

【あたしンち晩酌】宅呑み大好き!われら3丁目オールスターズ!

> > > 【あたしンち晩酌】宅呑み大好き!われら3丁目オールスターズ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ようやく春を感じております。栃木県宇都宮市在住のイラストレーターひらたともみです。

築6年の一戸建て中古住宅を購入したのは、今から15年前。

“幸せいっぱい、ローンもいっぱい~”と震える手で判を押してから15年。

すっかり家は薄汚れ、我が家のポストは「リフォームしませんか?」の余計なお世話に尽きる、業者チラシであふれています。

子どもが3人になったり、私がイラストの仕事を始めたりと、大きな変化をもたらしたのも、この15年の軌跡。でも、もっぱら私が自慢したいことは、家族ぐるみで付き合える、友だちができたことです。

 しかもご近所に。 4世帯で。食ったり、呑んだりと。 

醤油や味噌を貸し合ったり(※買いに行けないほど田舎ではない)、

「トイレつまったから、アレ貸して!スッポーン!ってヤツ」といって貸し合ったり、

「明日の朝、自信ないから電話で起こして」と頼まれたり、

たいていの大人なら自力でなんとかできるであろうことを、いちいち総力を挙げて団結するのが大好きな4世帯であり、それはトカイナカ宇都宮でも珍しい、隣近所の付き合い方を私たちは好き好んでしている。

今回はそんな今どきではないかもしれない、ご近所仲間、“3丁目オールスターズ”の宴の話をします。

 

3丁目オールスタ-ズ 春の祭典

われら3丁目オールスターズは年がら年中、よく呑む。

ただ呑んでいるだけでは、思春期の子どもたちにただの酒好きだと思われ兼ねないので(思われているかもしれないけど…)、とにかく、なにか理由をつけて呑むのがポイント。

そのため、元旦の(…元旦からってどうなんだろう?…と今気づいた)新年会から始まり、子どもたちの誕生会×8(最近はざっくり季節ごと)とか、トカイナカ宇都宮エリアではたぶん一番盛り上がっているであろう、ハロウィンとか(本気すぎる仮装付き)、海とかキャンプとか、小旅行とか。そういえば、うちの庭にテント張って寝たこともあります。

結局、どんな会であれ、みんな気取らず楽しく呑むのがモットー。

年齢も職業も子どもの歳もバラバラだけど、15年間、ご近所同士が家族ぐるみでうまくやってきたのは、強烈な個性を持った各々が、互いを尊敬し合っていること、グチも毒も吐くが長引かせないこと、そして、深酒しても、酒に呑まれる者がいないこと。

唯一、下戸のIさんは、年長者でありながらも、決して威張らず、トイレのスリッパでそのままリビングに「うっかりしちゃった!」という私にも怒ったりしない、懐の大きなお人!

宅呑みのときは、いつもウーロン茶を飲みながら、女たちの長丁場が過ぎる話をニコニコしながら聞いている。sake_g_sanntyoumeallstars_3 (1)

そして、この春、そのIさんの娘のMちゃんがめでたく志望高校に入学。

よっし!春の祭典はコレだぜぇい!とばかりに、料理やお酒を持ち寄り、わっせわっせとIさん宅へ歩いて2分。

子どもたちも集まり、広いリビングもたちまちいっぱいに。やんややんやと盛り上がる。

ビールから日本酒になり、ほろ酔いで私の手酌にも勢いがついてきたころ、下戸のIさんが突然、猪口を持ってスクッと立ちあがった。

「酒ですか!?酒ですね!?」

そのとき、少しうなづいたのかもしれない。いや、隣にいた嫁が気づいていないので、イラついていたのかもしれない。

オーケー、十分わかった。酌をさせていただきます!

四十路のホステスですみませんね~、わっはっはー。

大吟醸をコプコプと呑み干した。まったくもって無言で。

しかも、あきらかにしたり顔だし!

旨かったのか?

ねーねー、なになに?今の?見逃さなかったぞーーー!!

 

人生のアドバイス

4世帯で結成されている、3丁目オールスターズ。

ちなみに誰でもオールスターズに入れます。

なんなら3丁目じゃなくても入れます。

家族ぐるみで付き合っているので、当然、よその子どもたちの成長も目下、楽しみ。

進学、就職と、よその家庭の問題にグイグイと首を突っ込み、自分のしでかした、若いうちの悪さの数々をなかったことにし、自分の子どもも操作できないくせに、酒を呑んでは、よその子に説教したりする、ダメな大人になってしまいました。

その、一番の被害者はIさんち長男のJくん。(21歳、就活中)

痩せる、痩せると宣言しながら、早3年。

Jくん?アレ…?デブじゃね?また、デブったんじゃね?

手がさー、前足かと思った。

わかるよー。わかる!おばちゃんだってさー、日本酒の誘惑に毎晩負けてさ~、コップ酒だもん。あ。コップっつってもね、麦茶飲むコップねっ!口当たりがいいんだよねー、コレ。

だけどねー、麦茶のコップで飲むと、どんくらい呑んでるのか全然わかんないんだよぉ~。

2合?3合か?ま、どっちにしても、おばちゃんもねー、痩せなきゃ、痩せなきゃ!と思っていても、なかなかだよねー。ものぐさだから。

sake_g_sanntyoumeallstars_2 (1)

でもねー、世の中デブには風当り厳しくてね~…おばちゃんもねー、こう見えて苦労してんだよね。

いやはや、Jくん、え?なんだって?今年こそ痩せるって?

いやいやいや、痩せなくていい!いや、痩せたほうがいいんだけどねー、「痩せます!」とか宣言するのはやめようじゃないか。

もうね、お互い、「痩せたときにまた着るかもしれない服」とか全部捨てよう!そして私と一緒に、ダイエット宣言はもう二度としないと誓い合おう。

痩せていたころなんて、忘れてしまえばいい。おばちゃんは忘れたよ。Mサイズだった自分。食べても太らなかったあの頃。

でもね、あれはまぼろしだからね。

ずっと産後太り。

写真のポーズは斜に構える。

好物は日本酒のあとのシメの塩むすび。

デブでもいいじゃないか。人間だもの。 みつを。

 

【関連】 【あたしンち晩酌】子育て世代のリアルな日常
【関連】 【あたしンち晩酌】中年になると日本酒と演歌が点と線で繋がるのだ!
【関連】 【あたしンち晩酌】子育て世代の昼飲み事情

 

日本酒の魅力を、すべての人へ-SAKETIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは、国内最大の日本酒専門ウェブメディアです。専門用語の解説や商品レビュー、酒蔵案内、イベント情報など、さまざまな日本酒情報を日々お届けしています。