お鍋のシーズンまっただ中で、鍋の王様と言えばトラフグのてっちりですね。
そのトラフグのヒレを使った『ひれ酒』を簡単に、しかもワンランク上の味わいを楽しめる方法です。

 

自宅で楽しめる?本格ヒレ酒

sake_g_hirezake_8

ヒレ酒ってお店で飲むものって思っていませんか?
自宅で飲めたらいいなぁ~って思った事はありませんか?

意外にも、魚屋さんでトラフグの『ヒレ』だけで売っている時があります。
また、馴染の飲食店さんからヒレをいただいたりしても手に入ります。

ヒレが手に入ったら、自宅で『ひれ酒』を楽しんでください。
色々なアテやお酒でひれ酒をもっと楽しめます。

 

おいしいひれ酒を飲むために①ヒレの準備

sake_g_hirezake_2

魚屋さんで購入したヒレや馴染の店でいただいたヒレの多くは乾燥しているものがほどんどです。

もし、生のヒレが手に入った場合は、ヒレを2枚に開いてください。
そんなん無理って方はそのままで結構です。

生のヒレの場合は次に、乾かします。
よく見かけるのは木の板にヒレを張り付けて乾かす方法ですが、適当な板が無い場合でも大丈夫です。
串に通して乾かしてください。
私は焼き串に通してますが、無ければ短いですが竹串でも大丈夫です。

注意するのは、しっかり完璧に乾燥させること。
生乾きだと、臭みが出ます。

 

おいしいヒレ酒を飲むために②ヒレを炙る

sake_g_hirezake_3

しっかり乾燥させたら、炙ります。
注意点は、焦がさない様に弱火でじっくり焼くこと。

家庭のガスコンロなら、魚焼きのグリルで弱火で。
網目が荒ければ、ヒレが落ちるのでアルミホイルを引いて炙ってください。

sake_g_hirezake_9

魚焼きグリルが無い場合は、ガスコンロに魚焼きの網を乗せて、ヒレを炙ってください。

sake_g_hirezake_6
焦げない様に注意してください。
焦げると苦みが出ます。

 

おいしいヒレ酒を飲むために③お酒を燗にする

sake_g_hirezake_7

ヒレの炙りが終わるといよいよ、お酒を燗にします。
燗は是非是非、私がオススメする方法でやってみてください。
>>【日本酒好き必見】美味しい燗酒の楽しみ方、教えます!

お酒は、何を使ったらいいの??? って思いませんか?

ヒレ酒が苦手と言われる方は
もしかすると、使ってるお酒が合わないかも知れません。

ヒレ酒用のお酒に、パック酒や普通酒を使っているのが多く見かけます。
そういったお酒はどうしても熱々の燗酒にするとツンとアルコール臭がしてしまうものもあります。
そのアルコール臭を消すために火をつけて、アルコールを飛ばすのです。

私が今回、紹介する方法は、普段飲んでる日本酒を使ってください。
特にオススメなのは『純米酒』です。
もちろん『純米吟醸』でも『純米大吟醸』でも大丈夫です。

え~ もったいないやん!って思いませんか?

それは逆です。
そのまま飲んでおいしいお酒はヒレ酒にしても、おいしいのです。
温度は熱燗(50度)ぐらいでOKです。
(もちろんお好みでそれ以上でも、それ以下の温度でも大丈夫です)

 

おいしいひれ酒を飲むために④ヒレに日本酒を注ぐ

sake_g_hirezake_4

ヒレ酒と言うと専用の器を用意しなきゃって思いませんか?
大丈夫です。

お茶のポットを用意してください。
え~ないよ~って方は、コーヒーのサーバーでも可能です。
それもなかったらお茶の急須でも対応可能です。

sake_g_hirezake_5

炙ったヒレをポットに入れて、燗酒を注いでください。
火をつけてアルコールを飛ばさなくて大丈夫です。

自分の好きな酒器で楽しんでください。
入れてすぐの味わい。
少し時間が経って旨味が出た味わい。
さらに、燗冷ましになった味わいなどなど、色々な味わいを楽しめます。
自分でひれ酒を楽しむときは、お店では自分流にアレンジした飲み方も楽しめます。

基本は2回火入れの純米酒。
ちょっと変わったところで生原酒。
もっと変わったところで、活性酒。
さらに熟成酒や古酒。
是非是非、ヒレ酒もあなたの晩酌のレパートリーに入れてください。
今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

<関連商品>

関連記事