日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

【あたしンち晩酌】おしどり夫婦の食卓!

> > > 【あたしンち晩酌】おしどり夫婦の食卓!
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。栃木県宇都宮市在住のイラストレーターひらたともみです。

当たり前ですが、日本酒はおおむね「米」ですね。散々呑んだあとに、「かるぅ~くお茶漬け」とか、「背脂こってり味噌ラーメン、いっちゃう?」とか言ってる時点で、望んでデブ街道をパラリラパラリラ走っているようなものです。

自分でいうのもなんなんですが、わたくし、30歳あたりまではそこそこ痩せておりました。痩せているっつーか、薄かったのですよー。胸も尻もね。ハイ。

胃腸もわりと弱くてですね、心も弱くてですね、ストレスでしょっちゅう、胃袋やられてサク●ン手放せなかったわけです。

あ~…今日も胃が~!胃が~!

っつってねー、でも宴会番長だったもんでー、自分の胃袋の不具合ぐらいで呑み会を欠席するなんて、ありえなーい!わけでして、

胃薬呑んで、酒呑んでを繰り返し、パイセンに(先輩のことです)、「ラーメンいっちゃう?」とか親指立てて、クイッ!とお誘い受ければ、

ええ!ええ!もちろんOK牧場ですよー!パイセン!どこっすかー?

今日は辛いの行きたいっすねーとか、ますます心にもないことを言ってましてー、パイセンもラーメンくる前から、割りばし割ってスタんばってるし、こちとら、かなーり胃腸の調子悪いし、すすったスープが半端なく脂だけだったりすると、もう無茶はやめよう…と…。

パイセン、いつも四捨五入で割り勘だし…(なんか損してる)

でも、それもこれも、若いうちの話。まったくもっていい思い出!パイセーン、元気ですかー?大阪たこ焼きのお店出したって本当ですかー?「宇都宮の人間に、この味は理解されにくいわー」といって、ふてくされてるって本当ですかー?

きっとどこかですれ違ってもー、私には気づかないかと思いますよー!

だって私、あれから20キロ太ったからー。

 

夫もデブなんですけど。

 

結婚して早20年。無茶ができるスピリットを身に着けました。

パパっちこと、私の夫もデブ。私に「食ってないから~!俺、食ってねーよ!」とウソをつきながら相当食い続けた結果、気づいたら100キロ超え。

気づいたらって…。

気づかなかったの?その手前あたりで。

そして、うちのパパっちは、クッキングパパ。会社から帰ってくると、手もろくに洗わずに、キッチンで夕飯こしらえてる。

あるものでなんか、チャチャッとこしらえる!

主婦か?いや、主夫なのか?いや、サラリーマンだった。パパっち、サラリーマン。

発泡酒のシールをコツコツ集めてる。主婦か?いや、主夫なのか?

ちなみに私は、料理ができないわけではない。(←ここ重要)

やろうとすると、パパっちに「いーから、いーからー」と、土俵の外に押し出すかのように、追いやられてしまう。

そこまでいうならね~…、まぁ、ね~…と素直になって、私は新聞読みながら晩酌をして待つことにしている。

女は男に逆らっちゃいかんね!(←夫をたててるつもり)

毎晩、「お腹すいたー!今日ご飯なにー?」と目下成長期の息子たち。

「お父さんに聞きなさい。」と新聞を読みながら酒を呑む、お父さんのような私。

そして、デブの好む料理というのは、やっぱりデブ飯なので、これをつまみに酒を呑むと、一晩で怖いほど高カロリーが摂取できます。

食の細いお子さんにお悩みの方は、軽い気持ちでうちに預けてみてね。必ず結果出すから!

からあげとブリトーですた。夕べの我が家の食卓。

 

「いや、そうじゃなくてさ~」という声が聞こえてきそうなんですけど、聞きません。

私とパパっちはこれらをつまみにし晩酌。子どもたちはからあげとブリトーがご飯のおかず。

そこにスーパーで買ってきたキムチとか、パパっちが作り置きしている、サラスパなどが加わり、痩せたい人も、そうじゃない人も、もれなくパパっちにつづけーーーーー!!(ワーッ!ヤリでも鉄砲でも持ってこーい!)

…無茶ができるスピリットを身に着けました。(2回目)

少し野菜が足りないんじゃないかな~?と思ったときは、付け合わせのレタスを完食します。

レタスは飾りではありませんよ?

最近レタスが高いので、肉はなるべく緑色のお皿に盛りつけるよう心掛けているパパっち。

かなり意識の高いデブ。

家呑みに徹するパパっちは、自分でつくったつまみ(おかず?)とビールを頬ばりながら、青空レス●ランを観るのが大好き。

ビールっつーか、発泡酒。糖質ゼロの。痩せたいんだか、痩せたくないんだか時々わからなくなるけど、そこはあえて問題視しないことにしている。無視だ、無視。

ちんたら日本酒を呑んでいる私とは、たいした会話もしないのだけど、パパっちの作る夕飯は間違いなく子どもウケがよろし。んで、旨い。日本酒にもよくあうものばかりだ。

食後はテレビ前にゴロンと横たわり、睡眠前の仮眠をとるパパっち。すでに仮眠の段階で、イビキがうるさく、娘(4歳)に厳しく注意されるレベル。正直、テレビの音声、かき消すレベル。

それなのに、「寝てないよー、寝てないってー」とウソをついて、3秒後にまた大イビキ。

もう、あれだね。8,5秒バズーカも超えた。いろんな意味で。

 

【関連】 【あたしンち晩酌】宅呑み大好き!われら3丁目オールスターズ!
【関連】 【あたしンち晩酌】珍道中温泉旅行編

日本酒の魅力を、すべての人へ-SAKETIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは、国内最大の日本酒専門ウェブメディアです。専門用語の解説や商品レビュー、酒蔵案内、イベント情報など、さまざまな日本酒情報を日々お届けしています。