日本酒好きの女性が増えつつある昨今、飲みやすく見た目もかわいらしい日本酒が、いろいろな蔵元から出されています。

ご紹介する「高清水 デザート純吟」もそのひとつ。

秋田酒類製造株式会社が売り出しているこのお酒は、女性の飲み手を意識して造られています。1人でゆっくり、恋人や女友達といっしょに、さまざまなシーンで楽しむことができるこの1本を、おうちで簡単にできるチーズフォンデュとあわせてご紹介します。

甘さと酸味のバランスがとれた「高清水 デザート純吟」

sake_g_cheesefondue_01

高清水 デザート純吟」のコンセプトは、「私がえらんだ、新しい週末」。黒いボトルとゴールドのラベルというリッチなデザインが印象的です。

酒器は、お猪口ではなく、グラスに注いでみます。ほんの少し黄味がかった色のお酒は、グラスを傾けると花のような甘い香りがします。

sake_g_cheesefondue_02

口に入れると、ほどよい酸味と甘みがあります。ふわっと広がるように香りが鼻を抜けていきますが、後味は想像以上にさらりと軽く、まさに「飲みやすい」という言葉が合う日本酒です。香りが華やかなため、ワイングラスなどいつもと違う酒器で飲んでみると、その良さをさらに味わうことができそうです!

チーズがそのまま器に!カマンベールチーズのフォンデュ

sake_g_cheesefondue_03

高清水 デザート純吟」のホームページでは、カナッペやアボカドのサラダなど、おしゃれな酒肴が紹介されています。今回はそれを参考にチーズフォンデュを合わせたいと思います。

女性人気の高いチーズフォンデュですが、チーズを溶かして、器に入れてと手順を踏むのは意外と手間がかかるもの。そのため今回は、チーズそのものを器にできるカマンベールチーズを使ったフォンデュを作ってみます。

焼くだけ簡単!チーズフォンデュの作り方

チーズは、市販のカマンベールチーズを丸ごと使います。最初にチーズの上の部分を丸く包丁で切り取り、アルミホイルでまわりを巻きます。

sake_g_cheesefondue_04

あとはオーブントースターに入れるだけ!

sake_g_cheesefondue_05

ときおり様子を見て、くり抜いた中のチーズがとろけるまで焼きます。

sake_g_cheesefondue_06

お好きな具材をチーズに付けて召しあがってください。チーズをそのまま器にしているので洗い物も減ります。今回はトースターを使いましたが、ホットプレートなどで熱を加えながらいただいてもOKなので、ホームパーティーなどにもピッタリです。

ワインのような感覚で味わえる「高清水 デザート純吟」だからこそ、チーズフォンデュとの相性は抜群、お酒が進みます。

〆は残った具材で濃厚チーズリゾット

sake_g_cheesefondue_07

お酒がまわってきて、いい気持ちになってきたら、フォンデュの材料の残りで〆まで作ってしまいましょう! 先程の材料を余らせることなく味わうことができる、チーズリゾットのレシピをご紹介します。

<材料>
・チーズフォンデュで残ったチーズ
・フォンデュに使った具材(今回はアスパラとウインナー)
・オリーブオイル 大さじ3
・水 70cc
・牛乳 50cc
・ごはん 1膳分

1.チーズは4等分にし、オリーブオイルに浸しておく

sake_g_cheesefondue_08

2.残った具材の中で、大きいものを一口大に切る
3.具材を、火の通りにくいものから炒める

sake_g_cheesefondue_09

4.ごはんとチーズを加え、炒める

sake_g_cheesefondue_10

5.チーズが溶けたら、水と牛乳を加えて煮込む

sake_g_cheesefondue_11

6.塩コショウで味を調えたら、できあがりです

sake_g_cheesefondue_12

切って炒めて煮込むだけ!の超ズボラレシピですが、オリーブオイルに浸したチーズが濃厚で、お腹も大満足。余った具材の有効活用もできます。

今回は「高清水 デザート純吟」とあわせてみましたが、フルーティーな味わいの日本酒や、甘みのある日本酒に合わせる肴がほしい時にも、チーズフォンデュはおすすめです。ぜひ作って、素敵な日本酒ライフを送ってくださいね。

(文/鈴木紗雪)

関連記事