日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

【簡単おつまみレシピ付き】コンビニで簡単!ワンカップ大関のおいしい飲み方

> > > 【簡単おつまみレシピ付き】コンビニで簡単!ワンカップ大関のおいしい飲み方
このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめまして。この度、新たにSAKEITMESにライターとして加わりました、梅山紗季です。
おいしいお酒の味わい方を知りたい、紹介したいという思いからライターを始めました。普段は都内の大学に通っています。

日本酒も、それ以外のお酒も大好きなのですが、次の日、朝起きるのが早かったりすると、なかなか強い度数のものは手に取れない、、、でも飲みたい、、、という葛藤をよく味わいます。
今回はそんな私が、コンビニで手軽に買うことができる日本酒「ワンカップ」を、他の飲料で割って、飲み比べてみようと思います。一緒に、その割った日本酒の味に合うおつまみもご紹介します。

そして、使用するお酒は、ワンカップOZEKIです。青いラベルに白文字、コンビニに売っているワンカップの中でもかなり有名なのではないでしょうか。
どのコンビニでも手に入るこの定番を、同じくコンビニで気軽に手に入れることのできる飲料、CCレモンと三ツ矢サイダーで割ってレポートをしたいと思います!

 

ワンカップ+CCレモン

sake_g_onecup2

まずはワンカップを、CCレモンで割ってみます。

飲み口はとてもさわやかですが、CCレモンの主張が強くないため、後からきちんと日本酒の風味も味わえます。酸味が程よく加わったためか、どんなおつまみとも好相性な味わいになりました。
比率は1対1にしましたが、日本酒が苦手な方はもう少し日本酒を少なめにしてもいいかもしれません。ほどよく日本酒の味を楽しみたい方におすすめです。

 

ワンカップ+三ツ矢サイダー

sake_g_onecup3

次に、三ツ矢サイダーで割ってみます。

同じくワンカップ1に対し三ツ矢サイダー1で混ぜて飲みます。甘い。とにかく飲み口が軽くて飲みやすいので、ゴクゴク飲めてしまいます。先ほどのCCレモンと比べ、日本酒の風味は控えめなので、日本酒が苦手な方でも楽しみやすい割り方だと思います。

 

 

コンビニで買えるもので簡単おつまみレシピ

上で試してみた割り方に合う、簡単なおつまみも同時にご紹介します。コンビニで買えるものしか材料に使っていないので、お酒と一緒に買ってその日に作れちゃいます。

 

<食パンでできるなんちゃってキッシュ+CCレモンで割ったワンカップ>

sake_g_onecup4

材料は、食パン、カップスープの素、ハム、チーズ、卵の5つだけ!で、ちょっとおしゃれな洋風おつまみが作れちゃいます。

1 )
食パンの耳を切り落とし、少し深さのあるお皿につぶしながら敷いていきます。お皿をトースターに入れ、2分ほど焼きます。このとき、切り落としたパンの耳も一緒に焼きます。

2 )
焼いているあいだに、卵を割って溶いておきます。ハムも、一口大に切っておきます。

3 )
カップスープの素を、パンを敷いたお皿に入るように、少なめのお湯で溶きます。

4 )
お皿をトースターから取り出し、パンの上に溶いたスープ、卵、ハムを入れます。一緒に焼いておいたパンの耳も、小さく切って入れてしまいます。

5 )
上にチーズを乗せて、再びお皿をトースターへ。チーズに焼き色がつくまで焼いたら完成です!

今回はこれを、CCレモンで割ったワンカップに合わせていただきました。CCレモンで割ってあるので爽やかなお酒の味と、洋風なおつまみとの相性が抜群です。スープの素に味がついているのでキッシュの味もしっかり楽しめます。

 

<フライパン一つの揚げ出し豆腐風+三ツ矢サイダーで割ったワンカップ>

sake_g_onecup5

こちらはとにかく手早くお酒を楽しみたい人におすすめ!フライパン1つでできる揚げ出し豆腐をご紹介します。材料は木綿豆腐と小麦粉、味付け用のめんつゆ、みりんのみ。

1 )
豆腐のパックに包丁で切れ目を入れ、切れ目を下に向けてお皿の上に乗せて水を切ります。

2 )
そのあいだにめんつゆとみりん、お水を少し混ぜておきます。今回はめんつゆ2に対してみりん1で作っていますが、味はお好みで。

3 )
豆腐のパックを開け、適当な大きさに切り、小麦粉を全体にまぶします。

4 )
油をしいたフライパンで豆腐を焼きます。全体に焼き色がついてきたら、先ほど混ぜためんつゆとみりんを回してかけて完成です。

今回は三ツ矢サイダーで割ったものに合わせてみました。飲みやすい味の割り方になっているため、お腹にきちんとたまる豆腐のおつまみは、お酒の量を上手にセーブできます。和風な味付けですので、ワンカップ単体で飲む方にもおすすめです。

 

 

以上です!

いかがでしたでしょうか?
気になった割り方やレシピがあれば、ぜひ試して味わってみてください。みなさまの今夜の1杯が、おいしいものになることを願っています。

少しでも興味を持ったという方はシェアお願いします♪ 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

鈴木紗雪

大学で日本文学を専攻。「お酒が飲みたくなる3冊」という日本酒と文学作品を絡めた記事をはじめ、映画、落語、音楽などの文化的な要素と日本酒とを扱った記事をご紹介しています。お菓子づくりも好きで、日本酒や酒粕を使ったスイーツのレシピも公開しています。