日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

月の桂 にごり酒(増田徳兵衛商店/京都府京都市伏見区)

> > > 月の桂 にごり酒(増田徳兵衛商店/京都府京都市伏見区)
このエントリーをはてなブックマークに追加

にごり酒の元祖

sake_tsukinokatura1 (1)

今では、日本酒のにごり酒や、発泡酒はポピュラーなものとなりましたが、そのにごり発泡酒の元祖が、延宝3年(1675年)創業で、酒どころ伏見でも最古の歴史を持つ増田徳兵衛商店なのです。にごり酒といえば「月の桂」という時代が長く続いていたと感じます。筆者も1990年代後半は、このお酒ばかり飲んでいた時期があります。

昔ながらの「どぶろく」を復活

醸造学の権威である坂口謹一郎博士の「どぶろくのような酒が飲みたい」という思いに蔵の13代増田徳兵衛が応えます。熱殺菌は一切せず、しっかりと発酵させた醪をタンクの中ほどからくみ出して、オリを分離させ荒越しして瓶詰めします。と言える大極上中汲にごり酒は昭和41年(1966年)に誕生しました。その年から「月の桂にごり酒を飲む会」を立ち上げ、今でも東京や大阪などで続いています。坂口博士は「元祖にごり酒」のお墨付きを同蔵に与えています。

開栓注意の「米のシャンパン」

sake_tsukinokatura2 (1)

「米のシャンパン」とも称される同酒は酵母が生きている醪がタップリ混ざっていますので、炭酸ガスを出し、シュワシュワ感が強烈です一気に開栓すると、吹き出す確率は100ですので、開栓時は注意が必要です。

味わいと言えば、炭酸水のような強い発泡感とアルコール感が心地よく、にごり酒ですが、適度な酸もあり、ベタベタした甘味は感じません。最後ににごり酒のトロッとした甘味を感じますが、非常に洗練された切れ味ある味わいです。筆者がたまに手伝う焼鳥屋の若旦那は「ラフランスなどの洋梨みたいな味わい」と表現していました。ロングセラーになるのも、追随する酒蔵が後を切らないのも頷ける味わいです。これは絶対に冷やして飲んで下さい。オンザロックもおススメです。

 

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは、国内最大の日本酒専門ウェブメディアです。専門用語の解説や商品レビュー、酒蔵案内、イベント情報など、さまざまな日本酒情報を日々お届けしています。