日本酒のラベルに「無濾過生原酒(むろかなまげんしゅ)」という文字をみたことはございませんか?
生原酒とは、「生酒」かつ「原酒」であることを指していますが、「無濾過」とはどういうお酒のことを指しているのでしょうか。

今回は、この無濾過についてご説明しようと思います。

 

1. 無濾過(むろか)とは?

無濾過とは、炭での濾過を行っていないお酒のことです。

日本酒はしぼりたてのままだと少し黄色がかった色をしています。この色を取り除き無色透明なお酒に仕上げるために、炭での濾過を行っています。また、濾過の役割は色を取り除くためだけではありません。香りや味わいの調整もしています。この調整によって全体的に均整のとれた味わいになるというわけです。

 

2. 無濾過のお酒の特徴とは?

1. では濾過によって味わいの調整を行っていると説明しました。しかし、濾過を行うことによって、できたての繊細な味わいが失われてしまうのも事実です。濾過を行っていない無濾過のお酒はよりできたてに近い味わいを楽しめるお酒なのです。

また、無濾過のお酒は香味バランスを整えていないので、お酒に含まれる味わいの要素それぞれが主張していることが多いです。ですので、ずっしりとした味わいになる傾向があります。

 

3. まとめ

無濾過とは、炭での濾過を行っていないお酒のことで、よりできたてに近いずっしりとした味わいになることが多いです。

 

関連記事