株式会社Clear(東京都渋谷区)が展開するプレミアム日本酒ブランド「SAKE100(サケハンドレッド)」の第2弾商品『深豊』を、7年連続でミシュラン1ツ星を獲得している和食の名店「ふしきの」(東京・神楽坂)にて、5月7日(火)から5月31日(金)の期間限定で提供します。インターネット限定で販売している「SAKE100」の『深豊』が飲食店で提供されるのは今回が初めてとなります。

五味の味わいのバランスが素晴らしい究極の食中酒のひとつ

SAKE100『深豊 -shinho-』のボトル画像

SAKE100『深豊 -shinho-』

プレミアム日本酒ブランド「SAKE100」の第2弾商品である『深豊』は、耕作放棄地となっていた田んぼを開墾し、その土地で育てた酒米を使って醸した純米酒です。米の旨味を最大限に引き出す伝統製法「生酛(きもと)造り」で醸造し、搾りたてのフレッシュさが楽しめる直汲みの無濾過生原酒です。

この『深豊』が、5月7日(火)から5月31日(金)の期間限定で、日本酒と伝統的な会席料理に酒器を合わせたペアリングを行う和食の名店「ふしきの」にて提供されます。

「ふしきの」で提供される料理

「ふしきの」では、京懐石出身の料理長が作る和食のコース料理、ひと品ひと品に合わせて、店主である宮下祐輔氏が全国各地から厳選した日本酒をお愉しみいただけます。より料理を美味しく引き立てるよう、ときに冷酒で、ときにぬる燗・熱燗でと様々に温度帯を変化させ、それらを若手陶芸家の作品から人間国宝の逸品、何百年も前の骨董まで選りすぐりの酒器と共に提供されます。

『深豊』を「五味の味わいのバランスが素晴らしい究極の食中酒のひとつ」と評価する宮下氏は、『深豊』の持つ上品な甘味と豊かな酸味の二つの要素に着目し、ひとつの料理に対して、異なる2つのアプローチでペアリングを提案します。

2種の酒器で楽しむ『深豊』と料理のペアリング

日本酒は、酒器のサイズや形状、口造りの厚さや角度によって味わいが変化します。今回、ふしきのでは、宮下氏が開発した3種の酒器「adobe sake ceramics(アソビ・サケ・セラミックス)」のうち2種を合わせることで、『深豊』のポテンシャルを最大限に引き出します。

宮下氏が開発した3種の酒器「adobe sake ceramics(アソビ・サケ・セラミックス)」の写真5月前半に『深豊』と合わせてご提供する料理は、春の食材「筍」を使用したひと品です。ひとつの料理に対して、2種の酒器で体験いただく『深豊』が、それぞれどのように変化し寄り添うのかを、お楽しみいただけます。
※5月後半は、ペアリングする食材を変えて提供予定です。

「ふしきの」店主がカウンターに立つ姿

◎商品概要

◎店舗情報

  • 店舗名:ふしきの
  • 住所:東京都新宿区神楽坂4-3-11 2F
  • Facebookページ
  • 東京・神楽坂に2011年にオープンし、翌年より7年連続でミシュラン1ツ星を獲得した会席料理と日本酒ペアリングの専門店。ワインリストのない和食店がミシュランガイドに載ることは極めて異例のことで、同じくフランスの美食ガイド『ゴ・エ・ミヨ東京』に掲載されました。京都の老舗料亭で研鑽を積んだ料理長・荒巻吉男シェフによる会席料理と、店主・宮下祐輔氏が全国各地からセレクトした、料理をもっとも引き立てる日本酒のペアリングを、選び抜かれた酒器で楽しめます。店内には、人間国宝をはじめとした日本を代表する作家の酒器を集めたギャラリーが併設されています。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます