株式会社農大サポート(東京都世田谷区/学校法人東京農業大学100%出資の事業会社)は、薔薇の品種「プリンセス・ミチコ」の花酵母を使用した日本酒をリターンとして、朝日新聞社のクラウドファンディングサイト「A-port」にてプロジェクトを開始しました。

プロジェクト収益は、すべて災害被災地への義援金に

酒蔵で作業する蔵人たちの写真の上に、「平成最後の祝い酒 プリンセスミチコプロジェクト」の文字東京農業大学・醸造科学科微生物工学研究室(數岡准教授)では、薔薇の品種である「プリンセス・ミチコ」から「花酵母」を分離することに成功しました。この「花酵母」を使用し、新しい日本酒を醸造するのは、北から株式会社南部美人(岩手県二戸市)、出羽桜酒造株式会社(山形県天童市)、株式会社一ノ蔵(宮城県大崎市)、浅間酒造株式会社(群馬県吾妻郡)、関谷醸造株式会社(愛知県北設楽郡)、石鎚酒造株式会社(愛媛県西条市)、株式会社澄川酒造場(山口県萩市)の7社でいずれも農大の卒業生の蔵元です。

「PRINCESS MICHIKO」のマーク各蔵それぞれ独自の造りで、花酵母の特徴を活かし、平成の終幕を飾るのにふさわしい酒造りに挑戦します。このプロジェクトによる収益はすべて災害被災地への義援金として、被災地域の復興に役立てたいと考えています。

薔薇「プリンセス・ミチコ」の写真農大の花酵母は1998年に中田久保名誉教授が、花から酵母の分離に成功したことに始まります。その後、華やかで清楚な香り高いお酒を造ることができる花酵母が、次々と見出され、現在では30を超える酒造メーカーが花酵母を使用した商品を作っています。今回のプロジェクトで使われる「プリンセス・ミチコ」は美しいオレンジ色の花を咲かせる薔薇で、皇后陛下が皇太子妃だったときに英国から献上された薔薇として知られています。

「PRINCESS MICHIKO」のマーク

農大の醸造科学科では、千葉県八千代市にある京成バラ園の協力を得て、大量の「プリンセス・ミチコ」の花をご提供いただき、「花酵母」を分離しました。試験醸造では、リンゴやメロンなどの果物を思わせる香りを持ち、爽快な酸味があるお酒ができています。

ぜひこのお酒を飲みながら、平成の思い出を振り返り、新しい時代を迎えましょう。

◎プロジェクト概要

  • プロジェクト名:農大花酵母「プリンセス・ミチコ」でつくる7蔵の酒で時代の節目を祝おう!
  • ご支援いただく金額は1口20,000円で、リターン(返礼品)として7蔵元の日本酒7本セット(720ml×7本)をお届けします。ただし限定3,000セットになります。
  • このプロジェクトによる収益はすべて災害被災地への義援金とします。9月に発生した北海道胆振東部地震をはじめ、昨年発生した自然災害で大きな被害を受けた地域の復興に役立てたいと考えています。
  • ご支援のお申込みは、A-portクラウドファンディング専用サイトから。
  • ご支援に関するお問い合わせは、A-portのコールセンターまで 03-6869-9001(平日10:00~17:00)

◎お問い合わせ先

  • 株式会社農大サポート(学校法人東京農業大学100%出資の事業会社)
  • 電話:03-5477-2468
  • メールアドレス:nodai.sup@gmail.com

この記事は、リリース情報配信サービス「SAKETIMES PRESS」を利用しています。

「SAKETIMES PRESS」は、新商品・イベント開催・新店舗オープンなど、日本酒にまつわる新規情報を掲載するサービスです。必要事項を入力していただくだけで、SAKETIMES編集部で簡単なニュース記事を作成します。公式SNSでの情報拡散も行うため、多くの日本酒ファンへの訴求が期待できます。広報や集客に、ぜひお役立てください。

「SAKETIMES PRESS」には3種類のプランがありますので、ご要望やご予算に応じて、使い分けることができます。

1)SAKETIMES PRESS(無料)

文字数は400字以内、画像は1点のみのシンプルな記事を配信します。まずはこちらからお試しください。
SAKETIMES PRESS詳細

2)SAKETIMES PRESS Pro(有料)

無料版の「SAKETIMES PRESS」よりも、文字数・写真点数の制限を大幅に拡大しました。動画の挿入も可能で、さらに訴求力の高い記事を配信することができます。
SAKETIMES PRESS Pro詳細

3)SAKETIMES PRESS English(無料)

英語版SAKETIMESの「Weekly News」に無料掲載します。日本語で申請いただいた情報を、英語に翻訳し配信します。(審査有)
SAKETIMES PRESS English詳細

※ご留意事項

  • いずれのサービスも、一般的な記事に比べると簡易なもので、個別の取材などが入ることはありません。
  • 配信可否は社内審査に基づいて決定され、記事化を約束するものではありません。
  • 申請の原文がそのまま記事化されることを保証するものではありません。
  • 審査基準は公開しておりません。

詳細:日本酒メディアSAKETIMESを運営するclear、誰でも無料でSAKETIMESでのリリース情報の配信が可能になる「SAKETIMES PRESS」を開始!