日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

お酒を通じて心温まるお付き合いを!北岡本店「やたがらす新酒まつり」体験レポート

> > > お酒を通じて心温まるお付き合いを!北岡本店「やたがらす新酒まつり」体験レポート
このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良県吉野郡にある株式会社北岡本店「やたがらす新酒まつり」に行ってまいりました!
「日本古来の酒造り技術を伝承し、おいしい酒を通じて、心温まる人間関係の成立に寄与する」という北岡本店さんの理念が感じられるイベントでした。

フレッシュな新酒をその場で瓶詰め!試飲と量り売りコーナー

「新酒まつり」というだけあって、新酒の試飲と量り売りコーナーが注目を集めていました。
純米大吟醸・純米吟醸こしひかり・純米・本醸造といった4種類の新酒を試飲しました。
どれもフレッシュでおいしかったです。
sake_g_kitaokahonten_shinsyu_1
気に入ったお酒は、横に併設された販売コーナーで購入することができます。
なんと!新酒をその場で瓶詰めし、ラベルを張っていただけます。普段見ることのできない瓶詰め作業は圧巻で、とても新鮮でした。

sake_g_kitaokahonten_shinsyu_2

ゲーム形式で楽しめるきき酒コーナー&欲張り放題の酒粕つかみ取りコーナー

4種類の「やたがらす」をきき酒できる、きき当てコーナーがありました。
まずお酒を一通り飲んで、味や香り、色の特徴を覚えます。
そのあと、ラベルをわからない状態にしたお酒を飲んで、どの種類なのかを当てます。
当たった人も、当たらなかった人も、来客者みなさんが楽しんで参加されていました。

sake_g_kitaokahonten_shinsyu_3

酒粕つかみ取りコーナーもありました。
1枚のビニール袋に酒粕を好きなだけ入れて持って帰ることができます。
僕は欲張って、ビニール袋からはみ出すほど入れましたが、それももちろんOKです。
ここでもみなさん、楽しんでいました。

sake_g_kitaokahonten_shinsyu_4

酒造りの工程を知って、さらにおいしくお酒を飲もう!

さらに、普段は入ることのできない蔵の見学もできました。
詳しい説明を受けながら仕込み蔵を回ります。

sake_g_kitaokahonten_shinsyu_5

写真や解説も掲示されているので、とても分かりやすかったです。
酒造りの工程を知ることで、また一段とお酒をおいしく感じられます!

sake_g_kitaokahonten_shinsyu_6

僕自身、いろいろな「酒まつり」イベントに参加していますが、瓶詰め作業を見るのも、酒粕のつかみ取りをするのも初めての体験でした。さまざまなサービスに、みなさんが笑顔で楽しんでいたのが印象に残っています。

冒頭にも述べましたが、北岡本店さんの理念にある、「心温まる人間関係の成立に寄与する」といった部分を強く感じられたイベントでした!

株式会社 北岡本店
日本酒はもちろんのこと、焼酎やリキュール、酒粕を使った食品なども取り扱われています。

(文/栗本和紀)

【関連】灘の銘酒!「白鹿特別酒蔵見学会」に行ってきました!
【関連】伏見17蔵が集結!「伏見の清酒まつり in 大手筋商店街」体験レポート

 

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

栗本 和紀

奈良県在住。世界で唯一の職業「日本酒作家」として『世界一おもしろい日本酒ブログ』を執筆中。日本酒×言葉から創りだされるエンターテイメントは、すべての読者を魅了する。日本酒を飲みながら、ゲストと夢を語るTV番組でメインMCをするのが夢。

ウェブサイト