日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

50名限定イベント!菊正宗酒造 × SAKETIMESによる日本酒トーク&テイスティングイベント「KIKUMASA Conference」が東京・渋谷にて4月23日(土)に開催!

> > > 50名限定イベント!菊正宗酒造 × SAKETIMESによる日本酒トーク&テイスティングイベント「KIKUMASA Conference」が東京・渋谷にて4月23日(土)に開催!
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは「菊正宗」というお酒にどのようなイメージをもっていますか。

もしかしたら、菊正宗のような大手の酒蔵に対しては「機械化による大量生産」で「コンビニやスーパーで買えるお酒」だからというイメージで実際に手に取ったことがないという方もいるかもしれません。

しかし、本当にそうなのでしょうか。

本イベントでは、菊正宗酒造の副社長・嘉納逸人氏とSAKETIMES代表・生駒によるトークセッションを通して「菊正宗どんなこだわりをもって酒造りをしているのか」をひも解き、さらに「現在、そしてこれからの日本酒業界をどう見ているのか」といった“日本酒の未来”について考えていきます。

kikumsamune_kano菊正宗酒造・副社長の嘉納逸人氏

また、イベントの後半では菊正宗酒造の各銘柄を味わいながら、蔵元と交流できる時間もあります。 なんと、菊正宗酒造130年ぶりの新商品で、完全限定生産の「百黙」を一般試飲できる初めてのチャンスでもあるんですよ!

kikumasamune005_04

さらに、フィンガーフードとして南青山のチーズレストラン「DAIGOMIが日本酒にぴったりのチーズを提供してくれます。トークセッションを聞いて、お酒を試飲するだけではなく、菊正宗酒造の日本酒とチーズのマリアージュを体験できるとっても贅沢なイベントなんです!

sake_g_daigomi00 (1)

菊正宗ファンはもちろん、すべての日本酒ファン、さらにはこれから日本酒を好きになりたい方まで、幅広い方にお楽しみいただける「KIKUMASA Conference」。定員は50名限定と限られているので、どうぞお早めにお申し込みください!

予約フォームはこちら

--- イベント概要 ---

◆イベント名: KIKUMASA Conference - どうなる日本酒の未来? 菊正宗副社長×SAKETIMES代表の特別対談 -
◆日程: 2016年4月23日(土)
◆時程: open 12:45 start 13:00 close 15:00
◆場所: GOBLIN.代官⼭店
東京都渋⾕区恵⽐寿⻄ 1-33-18 コート代官⼭ B1F
[アクセス] 東急東横線 代官⼭駅より徒歩3分 / 各線 中目黒駅 正⾯⼝ より徒歩5分 / 各線 恵⽐寿駅 ⻄⼝ より徒歩7分
◆参加費: 2000円
◆定員: 50名  ※定員数に達した時点で、予約を締め切らせていただきます

【当日の想定タイムテーブル】
12:45 開場
13:00 開演
13:10 トークセッション  菊正宗酒造・嘉納副社長様 × SAKETIMES代表・生駒
13:40 試飲ラインナップ紹介
13:55 試飲・交流会 南青山のチーズ専門レストラン「DAIGOMI」のご協力のもと、チーズと日本酒のマリアージュを体験していただきます
14:45 〆の挨拶
15:00 終了
※プログラムは予告なく変更となる場合がございます。ご了承ください

【ご予約】
下記の予約フォームよりお申し込みください
https://jp.sake-times.com/kikumasa_conference

【Facebookイベントページ】
https://www.facebook.com/events/1750433245176785/

---

SAKETIMESでは、これまで“菊正宗酒造の魅力に迫る特別連載”を掲載してきました。こちらもぜひご覧ください!

大手酒蔵は機械化して量産…本当にそれだけ? 「大手だからできる情熱の酒造り」を追う、全6回の「菊正宗酒造」特集連載スタート!
■ 菊正宗の日本酒は今の若者に受け入れられるのか?!現役大学生の女子会で新商品「純米酒・香醸」を飲んでもらった
■ 菊正宗の新たな魅力!若き日本酒業界のナビゲーターに聞く「樽酒」の楽しみ方
■ 生身の人間にしか生み出せない“押し味”を求めて――菊正宗が非効率的な「生酛造り」にこだわる理由

sponsored by 菊正宗酒造株式会社

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES_PR

SAKETIMESのPR記事アカウントです! 日本酒や、それにまつわる酒蔵の想いや魅力を、余すところなく皆様にお届けします。伝え手として、一人でも多くの日本酒のファンが増えるよう、執筆していきます。