日本酒を注文するときに「原酒」と書かれているのを見たことはありませんか?
今回はその原酒についてご紹介します!

原酒とは?

ほとんどの日本酒は水を加えることでアルコール度数を15%前後に調整しています。この工程を「加水」というのですが、この処理を行わないものを「原酒」といいます。原酒の多くがアルコール度数が20%前後です。アルコール度数が高いままなので、腰の強いしっかりとした味わいになることが多いです。

このようなお酒は、ロックで飲んでもおいしいものもあります。なぜならば、もともとアルコール度数も高くしっかりとした味わいなので、氷が少し溶けても味が薄まりにくいのです。「原酒のアルコールがキツい」と感じる方は、そのキツさが緩和されますのでぜひ試してみてください。

また、原酒は20%前後だと説明しましたが、最近ではさまざまな酵母の開発や製造段階での工夫の結果、アルコール度数が20%になるまで発酵しないものもあります。アルコール度数が15%以下の原酒も多数あるのです。

アルコール度数が控えめな分飲みやすく、かつ原酒の良さが残っています。ぜひ探してみてください。