日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

灘の酒を神戸らしく彩る──「KOBE SAKE STYLE ~灘の酒 七夕 Night in sola~」で酔いしれる

> > > 灘の酒を神戸らしく彩る──「KOBE SAKE STYLE ~灘の酒 七夕 Night in sola~」で酔いしれる
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近「世の中は日本酒ブームだ」という話をあちらこちらで耳にします。それでも、まだまだ日本酒というと「飲みにくい、親父くさい、オシャレじゃない」というイメージをお持ちの方も多いことでしょう。

そんなイメージを変え、新しい日本酒の楽しみ方を提案するイベントが7月7日(月)、神戸で開催されました。「KOBE SAKE STYLE ~灘の酒 七夕 Night in sola~」と題されたこのイベントの主催は灘五郷酒造組合。華やかでオシャレな雰囲気の会場・神戸北野クラブsolaで、若い女性グループや男女ペアを招き、各酒蔵のお酒に合わせたフィンガーフードをつまみながら、ワイングラスで華やかに日本酒飲み比べを楽しむというパーティーです。

灘五郷の蔵元は、ブースで15蔵、バーカウンターで4蔵出店。イベント参加は事前応募制だったのですが、参加希望も多数だったため倍率約2.5倍の、約200人あまりの参加者になったという盛況ぶりでした。

神戸の街を一望しながら楽しむ

JR・神戸市営地下鉄新神戸駅から、急な坂道を10分ほど登ると、モダンでオシャレな建物が現れます。こちらが会場の「神戸北野クラブ sola」です。玄関では正装したスタッフと「灘の酒」の銘がある菰樽(こもだる)がお出迎え。

会場は高台にあるので神戸の街を一望。神戸らしい風景に、気分もアガります。

開場後受け付けを済ませると、会場までのアプローチにはカラフルな和傘のディスプレイがあり、七夕らしい和モダンな雰囲気を盛り上げていました。

まずは、フリーアナウンサー・和酒コーディネーターのあおい有紀さんによるOSAKEセミナーで灘の日本酒について楽しく学びます。

日本酒の基礎知識と現状、灘酒の歴史・特徴、山田錦について、料理との合わせ方といった日本酒の楽しみ方、さらにはご自身の経験によるスペイン料理と日本酒のペアリング、日本酒の美容効果、神戸でおすすめの日本酒スポットなど、明日から役立つOSAKE情報が満載のセミナーでした。

灘の酒に乾杯!フィンガーフードとのペアリングを楽しむ

セミナー後、パーティー会場に場を移動して、みんなで乾杯!

ドレスコードはスマートカジュアルです。七夕らしく、浴衣の美しい女性たちの姿も多く、会場に華を添えていました。

ワイングラスを片手に、各蔵自慢の日本酒と神戸北野クラブシェフが腕によりをかけたフィンガーフードとのペアリングを楽しむ時間が、いよいよやってきました。乾杯と同時に、ジャズの町・神戸らしく、ジャズ演奏もはじまります。

こちらは泉酒造のブース。「仙介 純米大吟醸」× ポロネギのキッシュ。

「このお酒は華やかな吟醸香のあとでキレがあり、お酒本来の旨みも感じるので、クリーミーなキッシュにぴったりなんです」とのこと。

こちらはカニとリコッタチーズのクネル。2年熟成酒をブレンドした「瑞穂 黒松剣菱」とあわせます。

熟成酒だとカニの繊細な風味が負けてしまうのではないかと思ったのですが、杞憂でした。こちらの熟成酒は軽い香りとボディとバランスのいい上品な味わい。ここにカニの滋味と、リコッタチーズのやわらかいパンチが寄り添います。意外すぎる取り合わせにびっくりです。

熟成酒を軽めに冷やして、ワイングラスでいただくのもおしゃれです。

「香りもおだやかで、まるみのある味わいなので、女性に楽しんでいただけるように考えました」とのこと。

こちらは、イクラのプーシェ。「日本盛 生原酒 純米吟醸 ボトル缶」と合わせていただきます。

珍しい200mlの缶酒で、「コンビニでも売ってます!純米吟醸で300円です!」とのこと。生原酒の濃淳でフルーティな甘味の中に、これも灘酒らしいふくよかさとボディ、キレが健在。この甘味と切れが、イクラの磯の香りとパイ生地の取り合わせに、意外なまでにマッチしました。

お次はスパイシーチキンと「白鹿 ICE SAKE あいす酒 原酒 Sweet」の組み合わせ。

このお酒も甘口で、濃厚なコクがあります。このコクと甘味に、スパイスの香りと、ほんのり甘くしたチキン、タンパク質の旨みが寄り添っていました。エスニック料理にも合うんですね。素晴らしいマリアージュです。

ご紹介したのは一部ですが、全15ブースとも素晴らしいペアリングで、参加者さんも楽しそうに利き酒を楽しんでいらっしゃいました。

今回、取り上げられなかったペアリングは以下の通りです。

  • 「菊正宗 百黙 純米大吟醸」× スモークサーモンのカナッペ
  • 「沢の鶴 SHUSHU」× 鴨のコンフィ ブランダード
  • 「大黒正宗 純米吟醸 無濾過生酒原酒」× パテドカンパーニュ
  • 「道潅千代田蔵 特別純米生原酒 千代田蔵フクノハナ15°」× 鮪の生春巻き
  • 「大関花泡香」× タコのマリネ
  • 「櫻正宗 SparklingSakeDry」× 生ハムのカナッペ
  • 「超特選白鶴 純米大吟醸 白鶴錦」× アブルーガとポテトのブリニ
  • 「福寿 純米吟醸」× ホタテ貝のタルタル
  • 「松竹梅白壁蔵『澪』」× 海老のカクテルソース
  • 「吟醸純米 超特選白鷹」× 蒸し鶏
  • 「美人蔵部 本醸造 生酒原酒 島美人」× ブルーチーズのカナッペ

「灘の伝統×神戸らしさ」の可能性

会場が大盛り上がりなところで、JJ専属モデル、有末麻祐子さんのトークショーが始まりました。

「和食はヘルシーなのでよく食べるのですが、それに日本酒を合わせることが多いです。モデル仲間の間でも人気なんですよ」とのことです。有末さんの美の秘訣は"日本酒と和食"にあるのだろうと思わせる華やかなトークに、会場のみなさん耳を傾けながら日本酒を飲み比べていました。

ほろ酔いのところで、参加者さんにお話を伺いました。地元神戸からご参加の、仲良し二人組。

「今日はいろいろな種類を飲めてよかったです。神戸の地元のお酒を知るきっかけになりました。お酒イベントは、大阪や京都などでは結構あるのですが、神戸では少ないのでちょっと寂しく思っていたのですが、このような神戸らしいおしゃれなイベントに参加できて嬉しいです!」

いよいよイベントもフィナーレ、お楽しみの抽選会です。各蔵元から、純米大吟醸などのプレミアム酒が当たるたびに、観客席から歓声があがりました。

気づくと夜もとっぷり暮れ、神戸の美しい夜景がほろ酔いの眼下に広がっていました。

灘五郷の日本酒は、硬水から醸し出される、しっかりしたボディとキレが魅力。神戸らしいインターナショナルなフィンガーフードに合わせ、ワイングラスでオシャレにおいしくいただくことで、日本酒の飲み方に新しい光をあて、若い人や女性など、日本酒離れがささやかれる層の日常に寄り添うペアリングを提案するという、大変興味深いイベントでした。

(文/山口吾往子)

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

山口 吾往子

京都在住。英語通訳案内士。外国人向け地域密着型ツアー「Deepest Kyoto Tour」共同代表。日本酒学講師、国際唎酒師。「日本酒のよさを世界に広めたい!」という野望のもと、調査と称して全国各地の日本酒を呑み歩く一方、利き酒会、酒蔵ツアー通訳などを行っている。