日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

蔵人だけの行事「初呑み切り」を一般公開! 人気投票で発売するお酒を決める栃木・第一酒造の「こだわりの厳選会」潜入レポート

> > > 蔵人だけの行事「初呑み切り」を一般公開! 人気投票で発売するお酒を決める栃木・第一酒造の「こだわりの厳選会」潜入レポート
このエントリーをはてなブックマークに追加

冬場に造ったお酒を貯蔵し、夏場に熟成具合を確認する「初呑み切り」。日本酒を造る酒蔵の風物詩ともいえる行事ですが、通常は杜氏や蔵人、酒造りの指導者など、内々でおこなうものです。

それを広く一般に公開するとともに、呑み比べたお酒の人気投票を実施し、1番になったお酒を「こだわりの厳選酒」として販売している酒蔵があります。

栃木県佐野市にある「開華」醸造元・第一酒造株式会社です。

参加者が年々増えている人気イベント「こだわりの厳選会」が6月中旬に開かれたので、その模様をレポートします。

約90人が決めるナンバーワンのお酒

"厳選会"と呼ばれる初呑み切りの会、今年は約90人の日本酒ファンが参加。半分近くは女性で、幅広い年齢層の方が集まっていました。地元栃木の人が過半数ですが、都内から駆けつけた人たちも少なくありません。

会の冒頭は、「呑み切り」の実演紹介ではじまります。

お酒を貯蔵するタンクの底よりもやや高いところに、酒をくみ出す「呑み」という口があります。そこから貯蔵しているお酒を汲み出す作業を「呑みを切る」といい、略して呑み切りです。それを貯蔵後、初めてするのが「初呑み切り」となります。

なお、この日のタンクにはお酒・・・ではなく、水を入れての実演でした。

続いて、さっそく呑み切りに移ります。参加者が多いので、あらかじめタンクから汲み出したお酒を瓶に入れて、並べてあります。

この日は、精米歩合50%台の純米吟醸酒5種類を呑み比べました。いずれも美酒ですが、使っているお米も酵母もバラバラなので、味わいはまったく異なり、楽しい呑み比べになりました。

参加者は5種類の中から気に入ったお酒を2点選びます。この結果、上位2点のお酒を参加者がもう一度呑み比べて、最終的にナンバーワンが決まりました。

結果がすべて決まった後、お酒のスペックが公表され、杜氏からそれぞれのお酒についての説明がありました。お酒は嗜好品ですから、好みはいろいろ。杜氏は決戦投票に残れなかったお酒が1番好きだと話していました。

さて、1番になったお酒は「こだわりの厳選酒」として7月上旬に発売(四合瓶のみ、税別1500円)になります。ユニークなのは、ラベルの裏貼りに投票に参加した全員の名前が印刷されることです(記載辞退も可能)。

購入するかしないかは自由ですが、自分が審査したお酒ということで親しみがわくのか、多くの参加者がお酒を購入するそうです。もちろん、会に参加しなかった人でも買うことはできますよ。

目指すは"開かれた酒蔵"

厳選会は2010年から始まりました。第一酒造は蔵元社長の島田嘉紀さんの方針で、多くの人に蔵へ足を運んでもらう"開かれた酒蔵"を目指しています。

造りのある冬場には酒蔵見学も企画していますし、蔵の中でコンサートを催したこともあります。

そして、造りのない夏場にも蔵に足を運んでもらうことはできないかと考え、浮かんだ企画が、貯蔵しているお酒を呑み比べてもらって、その中から1番好きなお酒を選んでもらうというもの。さらに、1番になったお酒を瓶詰めして提供すればさらに喜んでもらえるのでは、ということになったそうです。

「それって我々(蔵人)がやっている初呑み切りと同じですね」という声があがり、初呑み切りの一般開放という形をとることとなりました。

1年目の参加者は50人程度でしたが、ここ数年で参加者が増えており、いまでは定員の100人に迫っています。

島田社長は「常連さんも多く、皆様が楽しそうに投票している様子を見ると、これからもずっと続けようという気持ちになります。現在は純米吟醸酒に限って呑み比べてもらっていますが、今後は純米酒や本醸造酒、大吟醸酒などもラインナップに加えて、より幅広いお酒で、初呑み切りを楽しんでもらおうかなとも考えています」と話していました。

厳選会への参加は無料です。ぜひ来年は参加してみてはいかがでしょうか。

(取材・文/空太郎)

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

空太郎

日本酒指導師範(菊正宗認定)&酒伝道師です。1年365日、日本酒を飲んでいます。10人未満で丁寧にお酒を醸す銘酒小蔵がたくさん存在することが、日本酒の多様性と魅力を維持するのには欠かせないと思っています。そんな酒蔵の活動や、それを応援する酒販店や居酒屋の動きをお伝えしていきます。