日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

最後の一滴までしぼりたての味を楽しめる「ふなぐち菊水一番しぼりスマートパウチ1500ml」を使ってみた!

> > > 最後の一滴までしぼりたての味を楽しめる「ふなぐち菊水一番しぼりスマートパウチ1500ml」を使ってみた!
このエントリーをはてなブックマークに追加

新潟の菊水酒造から、従来の日本酒イメージを覆すパッケージの日本酒が発売されました。

その名も「ふなぐち菊水一番しぼり スマートパウチ1500ml」。

ビンやパックではなく”スマートパウチ”という新しいパッケージスタイルで、本来、品質管理が難しいため”酒蔵の中でしか”味わえなかった搾りたての生酒を、最後の一杯まで楽しめることがウリです

sake_pouch_7

たくさんのファンに愛される「ふなぐち菊水一番しぼり」

ふなぐち菊水一番しぼり」は、しぼりたて生原酒ならではのフルーティな香りとコクのある旨さで、1972年に発売されたアルミ缶パッケージが特徴のロングセラー商品です。

sake_kikusui_pouch_10

手にすっぽり入るサイズで、ちょっと一杯飲みたいなという気持ちにジャストフィット。仕事終わりにふなぐちを片手に飲みながら帰りたくなるような見た目は、ノスタルジックで安心感があります。

Twitterから「#ふなぐち」でツイート検索すると、その人気ぶりがうかがえます。

ちなみに、毎月27日には「ふなぐちの日」と称して、オンライン飲み会がTwitterなどで開催されているですよ!

スマートパウチで“しぼりたて”が気軽に味わえる!

スマートパウチ最大の魅力は、開栓後の酸化を防ぐこと! 

日本酒の大敵である光と空気の侵入をシャットアウトするため、大容量ながら「ふなぐち菊水一番しぼり」ならではの、しぼりたてのおいしさが最後の一滴まで楽しめます。

さらに、容量はたっぷり1500ml! 8合強も入っているので、ひとりでちびちび飲むことも、大人数で分けあうこともできる、使うシーンを選ばない優秀なやつです。

プッシャーが装着されていて、ここからお酒が注げるようになっています。

sake_pouch_4

さっそくお酒を注いでみます!

sake_pouch_2

押すとジュワーーーーーとスムーズに日本酒が注がれます。
まるでビールサーバーのような、日本酒サーバー感覚。

こちらが、注ぎたてのふなぐち一番搾り!果たしてお味は……

sake_pouch_3

香りはやや穏やかでさわやかな印象ながら、口に含むとふわっと華やかに広がります。同時に、生原酒ならではのピリッとした酸も感じるくせになる味。日本酒初心者から玄人まで満足できる納得のおいしさです。

味わいについてもっと詳しく知りたい方は、「ふなぐち菊水一番しぼり」のティステングコメントをご覧ください。

持ち運びにも便利!家でも外でも大活躍

さらにスマートパウチが便利なのは、持ち運びができること!

持ち手がついているので、もし置き台がなくても、持ち上げてお酒が注げます。アウトドアシーンでも活躍しそうですね!いつでもどこでも、しぼりたて日本酒を飲めるなんて、酒呑みにとって至極の贅沢ですよね!

sake_pouch_6

sake_pouch_5

今までのアルミ缶も魅力的ですが、自分の好きなときに好きな量だけちびちび飲むことも、大人数で注ぎ合うこともできるスマートパウチ。スマートパウチで日本酒の楽しみを広げてみましょう!

【商品概要】
ふなぐち菊水一番しぼり スマートパウチ
容量:1500ml
容器:コック付きスタンドパウチ
製造元:菊水酒造株式会社
酒質:本醸造 生原酒
精米歩合:70%
アルコール分:19度
飲み頃温度帯:オンザロック、冷やして
※お燗をする際はスマートパウチのままお燗はできません(お燗はおすすめしていません)。
参考小売価格:1,988円(税別)

【関連】様式美と実用を兼ね備えたスタイル!八海山が新たに採用したボトルの魅力を聞いてきました!
【関連】「はせがわ酒店 東京駅GRANSTA店」で見つけた! 小瓶で楽しむ日本酒 第2弾

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは、国内最大の日本酒専門ウェブメディアです。専門用語の解説や商品レビュー、酒蔵案内、イベント情報など、さまざまな日本酒情報を日々お届けしています。