日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

生酒とは? ー 日本酒用語解説

> > > 生酒とは? ー 日本酒用語解説
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、「生酒(なまざけ)」についてご説明しようと思います!
火入れに関しての記事はこちらです。

1. 生酒とは?

生酒とは、本来行われる2度の火入れを全く行わないお酒のことです。

火入れをしないお酒の中には麹の酵素や菌、酵母が生きたまま存在しています。
ですので、とてもフレッシュな香りや味わいを楽しむことができるお酒です。

2. 品質が変化するお酒

sake_namatamura

お酒は、しぼったままの状態では、酵素や菌、酵母が生きています。そのため時間が経つにつれて品質がどんどん変化していきます。変化していくと、イヤな甘味が増したり、不快な香りが生じたりします。これらの働きを抑えるために冷蔵保存が必須です。

古来、日本酒は神祭りや客を迎えるたびに造られ、その場で飲み干してしまうお酒でした。なぜならば、飲み残すとすぐに味も香りも悪くなってしまうからです。これが「生酒」のルーツです。

現在では、高度なろ過技術によって酒内の菌や酵母をある程度取り除くことが出来るようになりました。そのため、私たちの手元でも生酒がおいしく飲めるようになりました。しかし、それでも冷蔵保存するなど、丁寧に取り扱うことが重要です。

 

3. 生酒の楽しみ方

sake_syuki

一部例外はありますが、きりりと冷やして飲むのが良いでしょう!
冷やして飲むことで清涼感のあるみずみずしい味わいを存分に感じることができます。

夏になると各蔵元から「夏の生酒」が発売されます。生酒の持つさわやかな味わいが、夏の暑い日に飲むのに最適だからですね!

 

関連記事

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは、国内最大の日本酒専門ウェブメディアです。専門用語の解説や商品レビュー、酒蔵案内、イベント情報など、さまざまな日本酒情報を日々お届けしています。