日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

日本酒を冷蔵庫で保管するときは、縦置き?それとも横置き?

> > > 日本酒を冷蔵庫で保管するときは、縦置き?それとも横置き?
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本酒を冷蔵庫で保管するとき、どのように保管しているでしょうか。縦置き?それとも横置き?

実は、置き方によって日本酒の味わいを損ねてしまう可能性があります。今回は日本酒を冷蔵庫で保管するときのポイントをご紹介!

冷蔵庫で保管するときは縦置き!

日本酒を冷蔵庫で保管するときは縦置きが推奨されます。

横置きは、

  • お酒がキャップに触れることで味に影響が出てしまう(特に金属のキャップには注意)
  • 日本酒が空気に触れる面が広くなり、酸化がより早く進んでしまう

以上の理由から、好ましくないといえるでしょう。日本酒はなるべく縦置きで保管してください。

香味を損なわないための工夫

縦置きに加えて、ワインの空気抜きも活用できる場合があります。

酸化の原因となる瓶内の空気を抜くことで、日本酒を良い状態で保つことができるでしょう。開栓後、数日間経っただけでも味わいが変化してしまうくらい、日本酒は繊細な飲み物。空気を取り除くことで、その変化が緩やかになります。

しかし、空気抜きを使うことによって、本来の香りも取り除かれてしまうこともあるそう。使い過ぎには気を付けなければなりません。

酸化は「悪」なのか

日本酒にとって、過度な酸化は避けるべきこと。長期間、空気に触れることによって、お酒が持つ本来の味わいは損なわれてしまい、全体のバランスが崩れてしまうこともあるでしょう。しかし実は、酸化が常に「悪」というわけではありません。

適度な酸化によって、角がとれた丸みのある味わいになり、さらに美味しくなる日本酒もたくさんあります。

こうした香味の変化については、それぞれの好みがはっきりと分かれるでしょう。家にある日本酒の変化を毎日追ってみるのも、楽しみ方のひとつですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは、国内最大の日本酒専門ウェブメディアです。専門用語の解説や商品レビュー、酒蔵案内、イベント情報など、さまざまな日本酒情報を日々お届けしています。