日本酒は冷やして飲んだり、温めて飲んだり、さまざまな温度で飲まれることで知られていますが、実は温度ごとに呼び名がついていることをご存知ですか?

今回は、日本酒の温度ごとにちがうお酒の呼び方についてご紹介したいと思います。

 

1.「冷や」は「冷えたお酒」ではない

「日本酒を冷やで!」というフレーズは、飲みの席が好きな方でしたら、聞いたことがあるかもしれませんが、この「冷や」ってどんな状態をさしているかご存じですか?

冷やだから「冷たい状態」の日本酒と思っていませんか?実はこの冷やとは「常温の状態」のことをさしています。また、冷たいお酒のことは、冷酒(れいしゅ)といいます。

冷蔵庫がない時代には、温めて飲むか常温(=冷や)で飲むかしかありませんでした。今は、冷蔵庫があり、低い温度で日本酒を飲むことができるようになったため冷や=常温だと違和感がありますが、昔は普通のことだったのですね。

 

2. 温度帯ごとにお酒の呼び名が変わる

1. では冷や=常温をご説明しましたが、日本酒は温度ごとに呼び名が変わります。

雪冷え5℃
花冷え10℃
涼冷え15℃
冷や20℃
日向燗30℃
人肌燗35℃
ぬる燗40℃
上燗45℃
熱燗50℃
飛び切り燗55℃

 

よく、温めたお酒全般のことは「熱燗」などと言いますが、熱燗とは50℃の状態のことをいうのです。
5℃ごとに呼び名が変わるなんて、温度の違いでお酒を楽む文化が定着していた証拠ですね。

 

3. 世界的に見てもめずらしい、幅広い温度帯で飲める日本酒

日本酒は雪冷え〜飛び切り燗まで非常に幅広い温度帯でおいしく飲むことができるお酒です。(もちろん、お酒ごとにベストな温度帯というものはありますが。)これは世界的に見ても珍しいことです。
もちろん、ホットカクテルや焼酎のお湯割りなどもございますが、これらはお酒単体を温めて飲むというわけではなく、なにかを混ぜて作るものです。温めて飲むと言っても、日本酒とは、ちょっと毛色がちがうのですね。

そんな日本酒の大きな特徴の1つである「さまざまな温度で飲める」という部分に目を向けてみても良いかもしれません!

 

関連記事